RSS

[No.180]杉江理/Sugie Satoshi

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加


WHILLの電動車いすに乗って、記者も街を走ってみた。幅60センチのコンパクトな車体が体をほどよく包み込む。右レバーでの操作は直感的で、体の一部のように動かせる。


前輪は24個の小さなタイヤを組み合わせてできており、後輪を軸にその場で回転できるほど小回りが利く。四輪駆動で砂利道や7.5センチの段差も越えられる。何より、街行く人に見られると、胸を張りたくなるデザインが心地良い。


「昔、メガネは『ダサい』と思われてたけれど、今はおしゃれでポジティブなものになり、グーグルグラスのような最先端の製品も出てきた。そんな新しい価値を創造していきたい」。社員40人の会社を率いるデザイナー出身の杉江理(34)は言う。


1台約99万円。2014年秋に本格販売を始め、これまでに世界で約800台を売った。昨年はグッドデザイン大賞も受賞。「デザインで社会の課題を解決しようというクリエイターの志の高さ」などが評価された。大企業との提携も進む。パナソニックとは自動走行などの共同開発を進め、NTTドコモとはテーマパークや公共施設での導入拡大に向け手を組んだ。


米国・シリコンバレーでの仕事風景
(本人提供)

本社は米・シリコンバレーにある。杉江が日本にいるのは1年のうち1カ月半程度だ。開発拠点の日本、生産拠点の台湾は共同創業者の内藤淳平(33)と福岡宗明(33)に任せ、もっぱら米国で販売拡大や製品のコンセプト作り、人材確保に集中する。3月には、新モデルが米国で医療機器としての認可を得た。


欧州進出の準備も進めている。「このビジネスを本気でやるには、世界を見ないと。日本だけでは市場が小さすぎる」

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から