RSS

いまを読む

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のジェンダー・ギャップに驚き 

「経済発展しているのに、なぜ?」

アウンサンスーチー  ミャンマー国家顧問兼外相


民主化運動を経て新政権が発足してから初めての訪問。アウンサンスーチー国家顧問兼外相が来日し、11月4日に東京都内の日本記者クラブで記者会見した。変わりゆくミャンマー社会のさらなる民主化への意欲から、変わらない日本のジェンダー問題への指摘まで、報道陣の質問に幅広く答えた。 (構成・GLOBE記者 藤えりか)


アウンサンスーチー氏=藤えりか撮影



私たちは過去何十年もの間、発展から取り残されてきましたが、今や追いつく見込みがあり、それどころか追い抜く可能性すらあります。私たちは遅れてやってきたけれど、後発として、他の国・地域の経験から学ぶチャンスを得ています。ミャンマーが安定的かつ結束した民主国家であり続けるためには持続的な発展が必要です。


私は国民を常々こう励ましています。「長い困難な道のりとなるかもしれないけれど、日本が第2次大戦後にこれだけ発展を成し遂げることができたのだとすれば、私たちがなし得ない理由はない」と。つまり私たちは日本をただ友人として、また私たちが発展に向けて突き進むためのパートナーとしてだけ見ているのではなく、心からやり遂げようとすれば何が可能になるかの事例として見ています。


――軍政当時のミャンマーは中国に支えられてきましたが、テインセイン前政権は中国と距離を置いたように見えます。新政権は中国、米国、インド、日本をどのように見ているのでしょうか。


独立以来の我が国の外交政策は、他国と友好的でいられるかどうかに基づいています。私たちは世界を敵と友人とで分断するつもりはない。とりわけ近隣諸国とはよい関係を築きたいと考えており、そこには中国やインド、東南アジア諸国、もちろん日本も含まれます。私たちは米国や、旧宗主国である英国とも非常に良好な関係でやってきました。諸外国と友好関係を築く伝統をこれからも踏襲していきたいと思っています。


――今回の来日によってどんな利益がもたらされると期待していますか。


何かを得ようと期待して来日したわけではなく、両国間でよりよい理解を深め、より親密な関係を築くためにやって来ました。互いにできる限り多くを得ようとする考え方に陥るべきではないと思っています。



――日本と合意した協力プログラムについて、どのような分野での活用を望んでいますか。


昨年の総選挙の前に実態調査をしたのですが、国内で最もよい教育を受けた世代は60歳以上で、引退にさしかかっていることがわかりました。私たちはかつてはすばらしい教育システムをもっていましたが、いま40~55歳となっている世代の教育システムは非常に乏しいものでした。驚くべきことですが、1962年からおよそ半世紀もの間、大学でまともなキャンパスライフを送ることもままなりませんでした。日本の若い人たちには、ミャンマーの若者のポテンシャルを高める手助けをしてもらえればと思います。


――テインセイン前政権は想像以上に民主化にかじをきりました。テインセイン前大統領は本当に民主化を進めたと言えるのでしょうか。


憲法を見なければなりません。憲法を見れば、真の民主化ではないことがおわかりになるでしょう。私たちは真の民主化をめざしています。


総選挙で国民民主連盟(NLD)が掲げた主要綱領は、法による統治、安定的平和、国を挙げての休戦、そして真の民主主義を実現するための憲法改正でした。軍の関与が認められている現行憲法は民主的なものではない。それが答えです。


とはいえ不完全な民政移管ではあったものの、ある程度は民主的で、だからこそ私たちは選挙に参加して勝利し、政権をとることができたわけです。私たちは真の民主化へと歩むとば口にいます。そうした機会をもつことができて幸いに思います。私たちは今、軍を含む全国民と手を携えて目標に向かわねばなりません。



(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から