RSS

Webオリジナル

我慢しすぎると、人は爆発する。「#MeToo」と重なる「ルーシー」~『オー・ルーシー!』

インタビューに答える寺島しのぶさん(右)と平柳敦子監督=仙波理撮影


シネマニア・リポート Cinemania Report [#89] 藤えりか


追い詰められすぎると、人はついに我慢を爆発させ、時に暴走する――。セクハラ告発が一気に噴出した「#MeToo」とも響き合う心の動きが、米日合作『オー・ルーシー!』(原題: Oh Lucy!)(2017年)で描かれている。主演の寺島しのぶさん(45)が「日本(だけ)じゃ作れなかった」と言い切る今作は、米欧での高い評価を経て28日に日本で公開。在米20年以上、俳優活動を経て「声なき声をスクリーンに」と初の長編を撮った平柳敦子監督(42)にインタビューした。


『オー・ルーシー!』は、寺島さん演じる43歳の働く独身女性・節子が主役。やりがいのない職場と、物があふれすぎた部屋とを往復する日々だったところへ、姪の美花(忽那汐里、25)の頼みで英会話教室を代わりに受講、米国人講師ジョン(ジョシュ・ハートネット、39)と出会う。金髪のウィッグをかぶせられて「ルーシー」と名づけられた節子は、トムと命名されたもう一人の受講生(役所広司、62)とともに、米国人のようにリラックスして振る舞うよう言われるうち心が解き放たれ、ジョンに恋をする。だがジョンが教室を突如やめ、美花と米国へ帰国したと知り落胆。職場で暴言まで吐いて居づらくなった節子は、娘である美花を探す姉・綾子(南果歩、54)とロサンゼルスをめざす。

『オー・ルーシー!』より © Oh Lucy,LLC

もとになったのは、平柳監督が2009年から学んだニューヨーク大学(NYU)大学院の卒業製作として撮り、2014年にカンヌ映画祭で日本人初のシネフォンダシオン(学生映画)部門第2席となった短編だ。それを発展させた長編の脚本が米サンダンス映画祭でサンダンス・インスティテュート/NHK賞を受賞。豪華な日本人キャストに『ブラックホーク・ダウン』(2001年)などで知られるジョシュ・ハートネットを起用、2017年にはカンヌ映画祭の批評家週間に出品。米国の名門映画賞の一つ、インディペンデント・スピリット賞にも日本人で初めて新人作品賞と主演女優賞にノミネート、米欧で高い評価を受けている。


新人監督としての快挙について、平柳監督は言った。「日本だと新人は10年くらい下積みをしないといけない、といったものがあると思うけど、米国は新人だろうがなんだろうが、作品自体を評価すれば一緒に仕事したいと言ってくれる。そのあたり、日米で根本的に何かが違う気がします」

平柳敦子監督=仙波理撮影

節子にはモデルがいるという。「いつも自分の言いたいことを隠して生きているタイプの人。その人にもし自分の言いたいことを言わせたら何を言うんだろう、ルーシーという新しいアイデンティティーをまとったら隠してきたことを話すんじゃないか、って思ったんです」


その姿は、高2で単身渡米した頃の自身にも重なる。「自分を表現したくても、最初は英語ができずにフラストレーションがたまっていた。でも、周りからはただ単に『静かなアジア人の女の子』としか思われていなくて。周りから見られている自分と、自分が知ってる自分との間で葛藤があった」と平柳監督は振り返る。「そうやって、言いたいことを言わずに生きていると、中から圧力釜みたいにね、だんだん膨らんでいくと思うんですよ。圧力釜って、その圧力が大きければ大きいほど、急に開けると爆発しちゃうじゃないですか。それをぷすっとリリース(解放)したのがルーシー。少しずつリリースできればいいんですけどね」

『オー・ルーシー!』より © Oh Lucy,LLC

なるほど、と膝を打つ思いだった。ずっと言えなかったセクハラや性暴力に今やっと「ノー」と声を上げ始めている人たちにも重なる。


インタビューには途中から寺島さんも加わり、「#MeToo」の議論にもなった。寺島さんの言葉は朝日デジタルで紹介しているが、平柳監督は「今までしゃべれなかった人がしゃべれるようになったのは、確実にいいこと。それがゆき過ぎると、『ルーシー』のようになる。今はきっと、『ルーシー』な状態なんですよね」と、今作にたとえて語った。

寺島しのぶさん=仙波理撮影

「#MeToo」をめぐっては、被害者を非難する声すら上がってしまう日本。告発は過剰反応だとする指摘もある。だが、仮に過剰に見えたとしても、それはいかに追い詰められすぎたかの裏返しでもあるのだ。


「リリースできる場所がないと、やっていけないですよね。日本人は我慢しすぎなんじゃないでしょうか。女性は小さい頃からおさえつけられていて、話す声も高い。地声で話してる女性がなかなかいないですよね、日本は」


まさに、まさに。

『オー・ルーシー!』より © Oh Lucy,LLC
(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示