RSS

Webオリジナル

「女性は自由になれる」~『ローズの秘密の頁(ページ)』

『ローズの秘密の頁』より © 2016 Secret Films Limited


シネマニア・リポート Cinemania Report [#83] 藤えりか


濃淡はあれど、今も昔の洋の東西を問わず、自立し主張する「少数派」の女性は大変な目に遭いがちだと痛感させられる。3日公開のアイルランド映画『ローズの秘密の頁(ページ)』(原題: The Secret Scripture)(2016年)は、有数のカトリック国アイルランドでかつて起きた女性への悲劇を浮き彫りにする。意志を貫く大切さをも教えてくれる作品、これを今撮った意義をジム・シェリダン監督(68)に電話で聞いた。


北アイルランド国境にほど近い、アイルランド北西部の海沿いの街スライゴが主な舞台。聖マラキ病院の精神病棟で若い頃から何十年もの間、入院によって事実上閉じ込められてきた年老いたローズ(ヴァネッサ・レッドグレイヴ、81)は、自身の赤ん坊を殺した罪を負っていたが、本人は頑として否定していた。病院が取り壊されることになり、転院か退院かを決める再診察のため招かれた精神科医スティーヴン・グリーン(エリック・バナ、49)は、ローズが聖書に密かに日記をつづっていたことを知り、彼女の若き日に耳を傾け始める。


アイルランドの人気作家セバスチャン・バリー(62)が英文学賞コスタ賞を受賞した同名小説をもとに、シェリダン監督が共同脚本を書き、撮影した。シェリダン監督は、アカデミー賞2冠のアイルランド・英映画『マイ・レフト・フット』(1989年)でダニエル・デイ・ルイス(60)に初のアカデミー主演男優賞をもたらし、英映画『父の祈りを』(1993年)でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したアイルランドの名匠だ。

ジム・シェリダン監督 © 2016 Secret Films Limited

回想を通して描かれるローズの悲劇的な状況を考えるにあたっては、アイルランドの厳しくも悲しい歴史を踏まえる必要があるだろう。若きローズ(ルーニー・マーラ、32)は英国領の北アイルランドで育ったプロテスタント。両親はすでに亡く、第2次大戦の勃発でドイツ軍の空爆が激しくなる中、中立国だったアイルランドにいるおばの元へ逃れたが、カトリック国のアイルランドで、プロテスタントのローズは少数派。街を歩けば奇異な目で見られた。街の若者マイケル・マクナルティ(26)と親しくなるが、それも彼が同じプロテスタントなればこそだろう。そのマイケルは英軍に従軍、カトリック系武装組織アイルランド共和軍(IRA)の地元グループをさらに敵に回してゆく。


シェリダン監督(68)は電話越しに語った。「ローズは国境に近い街で、多くの人たちの抑圧下にあった。プロテスタントの彼女はアイルランドではよそ者だ。彼女を守ろうという人など、いない状況だった」


ローズには意図せずして男性を惹きつける魅力があり、カトリック神父ゴーント(テオ・ジェームズ、33)や、地元のIRAリーダーの若者らが軒並み惹かれていく。宗教的な違いによる相克のみならず、保守的な小さな街では、独身女性が結果的にせよ性的魅力を振りまいているように映るのはご法度だ。そして男性たちは、ローズに袖にされた途端、手のひらを返したように彼女にひどい仕打ちをしていった。アプローチした側の男性が、相手が思い通りにいかない「自立タイプ」とみるや逆ギレし攻撃に回るという、今もどこでも起こっている現象でもある。

『ローズの秘密の頁』より © 2016 Secret Films Limited

ただ、シェリダン監督によると、「ゴーント神父は、ローズにひどいことをしているという自覚はない」。なるほど…… 。ゴーント神父がどんな「ひどいこと」をしたか、作品でご覧いただければ、いかに現代に通じるものがあるかおわかりいただけよう。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示