RSS

Webオリジナル

アフリカがフランスに似てきた~『わたしは、幸福(フェリシテ)』

インタビューに答えるアラン・ゴミス監督=外山俊樹撮影


シネマニア・リポート Cinemania Report [#78] 藤えりか


アフリカが抱える問題は、フランスに似てきた――。コンゴ民主共和国を舞台にした16日公開の『わたしは、幸福(フェリシテ)』(原題: Félicité)(2017年)(仏・セネガル・ベルギー・独・レバノン)は2月にベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞、さらにこの原稿を書いていた12月半ばにはアカデミー外国語映画賞の予備選考9作品の一つに選ばれたと発表、欧米で高い評価を受けている。脚本も書いたアラン・ゴミス監督(45)にインタビューすると、経済発展を遂げるアフリカの悩みがいかに「先進国」に近づいているか、だからこそ自身を重ねる人たちが欧米にもいかに増えているかがほの見えてきた。

『わたしは、幸福(フェリシテ)』より、フェリシテ役のヴェロ・ツァンダ・ベヤ(中央) © ANDOLFI – GRANIT FILMS – CINEKAP – NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017

アフリカ中部・コンゴ民主共和国(旧ザイール)の首都キンシャサで、バーで歌いながら息子サモ(ガエタン・クラウディア)をひとりで育てるフェリシテ(ヴェロ・ツァンダ・ベヤ)が今作の主役。彼女に気があるバーの常連タブー(パピ・ムパカ)に、動かなくなった冷蔵庫の修理を頼んでいると、サモが交通事故に遭ったと連絡が入る。左足を骨折したサモを前に、費用を前払いしないと手術できないと告げる医師。まったく口を開かなくなり、ただ横たわるだけのサモのため、フェリシテは手術代を捻出しようと、これまで頭を下げてこなかった相手にも懇願して金策に走るが、方々で冷たい反応を浴び続ける――。


少年が事故で片足を失うプロットは、ゴミス監督の年下の従兄弟の経験がもとになっている。約10年前、ギニアビサウに住んでいた従兄弟がサッカーをしていて足を骨折。だが治療費をまかなえず、感染症が広がって足を切断することになったという。「ショックだったのは、彼は事故後しばらく、まったくしゃべらなくなったこと。彼が通常の暮らしを取り戻すのに2年ぐらいかかった。彼の母も周りから非難され、 『あいつは魔女だ』とまで言われた」

アラン・ゴミス監督=外山俊樹撮影

フランス人のゴミス監督は、西アフリカのセネガルとギニアビサウにルーツがある父を持つ。だが15歳でセネガルの首都ダカールへ行くまで、アフリカの地に足を踏み入れたことはなかった。「もっと前から行きたいと思っていたけど、うちは労働者の家庭でお金の余裕はなく、なかなか行けなかった。やっとダカールへ行き、ついに自分の一部を見つけた思いで、自分の中で均整がとれた気がした」とゴミス監督は言う。


今はパリとダカールの2カ所に自宅を構えて行き来しながら、フランスやセネガルを舞台に長編映画を撮ってきた。長編4作目の今作は、それまで行ったことのなかったコンゴ民主共和国に舞台を移した。「キンシャサにはすごく近代化されたビルがある。人口もキンシャサ都市圏だけで、セネガル全体と同じくらい。そんなアフリカの大都会で一度、撮ってみたいと思った」

アラン・ゴミス監督=外山俊樹撮影

コンゴ民主共和国については「以前は正直、非常に暴力的だという印象を持っていた」とゴミス監督。元宗主国ベルギーから1960年に独立後、コンゴ動乱に故モブツによるクーデター、第一次・第二次コンゴ戦争と紛争が続き、民主化後も武装勢力が乱立、多くの死者を出してきた。ところが実際に現地入りすると、「非常に優しい感じがする街で、とても驚いた。映画を撮っていると陰から助けてくれる感じすらして、とても気持ちのよい撮影だった。すごく強烈な力が湧き出てくる街で、とても印象的だった」とゴミス監督は振り返る。


現地で出あった優しさは、登場人物の描写にも取り入れたという。「タブーは見かけこそすごくいかついけれど非常に他者に優しく、自分の弱さも受け入れる役柄。演じたパピ自身のキャラクターに影響され、脚本を書き直した結果だ」とゴミス監督は言う。ちなみにパピ本人は、普段はガソリンスタンドを営み、つまりプロの俳優経験はなかった。それが、「素人として多くのものをもたらしてくれて、すごく可能性が広がった。彼のようなアマチュアの演技が、プロの演技をより本物らしくする影響もあった」とゴミス監督は言う。

『わたしは、幸福(フェリシテ)』より、フェリシテ役のヴェロ・ツァンダ・ベヤ(左)とタブー役のパピ・ムパカ © ANDOLFI – GRANIT FILMS – CINEKAP – NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017ukl;::
(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

GLOBE記者 藤えりか [#77] 『ルージュの手紙』

GLOBE記者 藤えりか [#77]
『ルージュの手紙』

GLOBE記者 藤えりか [#76] 『否定と肯定』

GLOBE記者 藤えりか [#76]
『否定と肯定』

GLOBE記者 藤えりか [#75] 『希望のかなた』

GLOBE記者 藤えりか [#75]
『希望のかなた』

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示