RSS

Webオリジナル

若き革命家大統領の死から30年

アフリカ研究者 白戸圭一 14

大統領だった故トマ・サンカラの写真を掲げるブルキナファソの人々=ロイター

アフリカのチェ・ゲバラ


 今から30年前の1987年10月15日、サハラ砂漠の南側に位置するブルキナファソという小国で、後に「アフリカのチェ・ゲバラ」と呼ばれることになる男性が凶弾に倒れた。トマ・サンカラ(Thomas Isidore Noel Sankara)、享年37歳。その4年前、33歳で就任した同国の若き大統領であった。

 サンカラは腐敗した独裁政権があふれていた80年代初頭のアフリカにさっそうと登場し、数々の改革の断行によってブルキナファソの庶民から圧倒的な支持を得た。腹心による暗殺で、その治世はわずか4年2カ月で幕を閉じたが、非業の死から30年が経過した現在も、サンカラは人々の間で「英雄」として語り継がれている。


 サンカラは1949年12月21日、現在のブルキナファソの首都ワガドゥグの北およそ100キロに位置する小さな村で生まれた。

 彼が生まれた当時、ブルキナファソはフランスの植民地支配下にあったが、彼が10歳になった60年に「オートボルタ」という国名で独立した。内陸国の同国にはこれといった産業もなく、多くの国民が南側の隣国コートジボワールへの出稼ぎ労働に依存する世界最貧国の一つで、独立後は腐敗した文民政権の登場と軍事クーデターが繰り返された。


 19歳で国軍に入隊したサンカラは、隣国マリとの軍事衝突での活躍などで頭角を現し、国民の間で広く知られた存在となった。82年11月のクーデターでウエドラオゴ政権が成立すると、サンカラの国民的人気に着目したウエドラオゴは彼を首相に任命したが、首相となったサンカラがリビア、アルジェリア、キューバなど社会主義陣営に接近すると、旧宗主国フランスはサンカラを危険人物と見なした。

 フランスの意を受けたウエドラオゴはサンカラの身柄を拘束して軟禁状態に置いたが、サンカラの盟友だった軍人仲間のコンパオレらが83年8月4日のクーデターで政権を掌握すると、解放されたサンカラは33歳の若さで新政権の大統領に就任した。


国名を地で行く清廉さ


 サンカラが政権を掌握した軍事クーデターは、同国の独立以来5度目であった。当時のアフリカでは軍事クーデターが半ば年中行事と化しており、「汚職の追放」や「世直し」を掲げてクーデターで政権を掌握した指導者が、やがて自らも汚職まみれの独裁者と化し、最後はクーデターで打倒されるという、お決まりのコースが大陸中にあふれていた。


(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

アフリカ@世界 白戸圭一 英語礼賛は何をもたらすか

アフリカ@世界 白戸圭一
英語礼賛は何をもたらすか

アフリカ@世界 白戸圭一 「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ@世界 白戸圭一
「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ@世界 白戸圭一 若き革命家大統領の死から30年

アフリカ@世界 白戸圭一
若き革命家大統領の死から30年

アフリカ@世界 白戸圭一 山本議員の「あんな黒いの」発言

アフリカ@世界 白戸圭一
山本議員の「あんな黒いの」発言

アフリカ@世界 白戸圭一 アフリカで考えた子どものいじめ自殺

アフリカ@世界 白戸圭一
アフリカで考えた子どものいじめ自殺

アフリカ@世界 白戸圭一 匿名の言葉、実名の言葉

アフリカ@世界 白戸圭一
匿名の言葉、実名の言葉

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示