RSS

Webオリジナル

「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ研究者 白戸圭一 13

大統領選が大惨事に


 最初に1枚の写真を見ていただきたい。角材や斧(おの)を振り上げた若者たちが集まり、撮影者の私に向かって興奮した表情で大声を発している。

 これは2007年12月にケニアで実施された大統領選挙の後、首都ナイロビのキベラ・スラムで起きた騒乱の様子を私が撮影した写真である。外国人ジャーナリストの私が彼らに暴力を振るわれることはなかったが、彼らは撮影が終わると暴徒と化し、夜通し家屋の破壊や住民の襲撃を繰り返した。身の危険を感じた私は一度スラムから脱出し、翌朝スラムに戻ってみると、焼け焦げた家屋が各所に点在していた。


 この07年の大統領選は、再選を目指した現職のキバキ大統領(当時)と、野党オレンジ民主運動ODMのオディンガ氏の事実上の一騎打ちであった。

 選管はキバキ氏の当選を発表したが、開票作業の最中からキバキ陣営の組織的不正をうかがわせる数々の疑惑が浮上した。このためナイロビのキベラ・スラムやケニア西部のリフトバレー州では、開票結果に不満を抱いたオディンガ支持者によるキバキ支持者の襲撃が発生し、キバキ支持者による報復も激化した。

 一連の集団暴力は、複数の政治指導者によって組織的に計画された疑いが指摘されてきたが、真相は今なお判然としない。結局、全土で1000人以上が死亡する大惨事に発展し、60万人以上が襲撃を逃れて国内避難民になった。


 そのケニアで10月26日、大統領選挙が行われる。ケニアでは8月8日に大統領選挙の投票があり、現職のケニヤッタ大統領が再選を決めたが、野党候補のオディンガ氏が選挙の無効を求めて提訴したところ、最高裁はオディンガ氏の訴えを認め、選挙のやり直しを命じたのである。本稿がウェブ上に公開される頃は激しい選挙戦の真っ最中だ。

 13年の前回大統領選は、なんとか平和裏のうちに終わったが、人々の間には07年の前々回大統領選後の大惨事の記憶が生々しく残っているため、ケニア社会は大統領選を迎えるたびに緊張を強いられる。

 なぜなら、07年の選挙後の集団暴力の担い手が、軍や武装勢力のような組織化された軍事集団ではなく、角材や斧など身の回りの品で武装した一般市民だったからだ。おそらくは国民の1%にも満たない、ごく一部の者が暴力に加担したに過ぎないとはいえ、「身近な隣人」が突如として集団暴力の担い手に豹変する現象には、武装組織や犯罪集団による暴力とは別の怖さがある。


(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

アフリカ@世界 白戸圭一 「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ@世界 白戸圭一
「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ@世界 白戸圭一 テロは日本の脅威になるのか

アフリカ@世界 白戸圭一
テロは日本の脅威になるのか

アフリカ@世界 白戸圭一 北朝鮮は本当に孤立しているのか

アフリカ@世界 白戸圭一
北朝鮮は本当に孤立しているのか

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示