RSS

Webオリジナル

ホロコーストでコメディー~『ブルーム・オブ・イエスタデイ』

『ブルーム・オブ・イエスタデイ』より © Maurice Haas_Zürich


シネマニア・リポート Cinemania Report [#64] 藤えりか


ホロコーストを題材にした映画が、ついにここまで踏み込んだ。30日公開の独・オーストリア映画『ブルーム・オブ・イエスタデイ』(原題: Die Blumen von gestern/英題: The Bloom of Yesterday)(2016年)は、ナチスの加害と犠牲をユーモアやコメディーをまじえて考える問題作だ。祖父のユダヤ人虐殺の過去に触れたのを機に今作を撮ったクリス・クラウス監督(53)に、スカイプインタビューで背景を聞いた。


舞台は現代のドイツ。ホロコースト研究所で働くトト(ラース・アイディンガー、41)はナチス親衛隊の大佐だった祖父を告発した本を出して世間に評価されたが、親族からは勘当されている。そうして心の安定さを失ってきたトトは、ずっと企画してきた「アウシュビッツ会議」のリーダーから外される。そんな中、フランスからのインターン、ザジ(アデル・エネル、28)がやって来る。トトの本を絶賛するザジだが、迎えの車が独メルセデス・ベンツ製だと知るや激怒。ユダヤ人の祖母がかつて、ベンツのガス・トラックで殺されたためだ。それでいて歴史を茶化したりもするザジにトトは苛立ちを募らせ、アウシュビッツ会議の後任リーダー、バルタザール(ヤン・ヨーゼフ・リーファース、53)が商業主義に走るさまにも憤る。だがトトは次第に、会議に向けてともに奔走するザジと惹かれ合う。背後には、それぞれの祖父と祖母の物語が大きく横たわっていた――。

『ブルーム・オブ・イエスタデイ』より © Maurice Haas_Zürich

2016年の東京国際映画祭で東京グランプリとWOWOW賞を受賞。ドイツのアカデミー賞にあたるドイツ映画賞では、作品賞など主要部門をはじめ8部門でノミネートされた。ちなみにザジを演じたアデルはダルデンヌ兄弟監督の『午後8時の訪問者』(2016年)で主役の医師を演じている。ダルデンヌ兄弟にインタビューしたシネマニア・リポート[#42]を合わせてご覧いただければと思う。


それにしても、ホロコースト犠牲譚でコメディーとは。脚本・監督のクラウス監督はドイツ人。祖父がラトビアでユダヤ人虐殺にかかわっていた過去を知ったのがきっかけだった、とスカイプのビデオ画面越しに語った。

クリス・クラウス監督 © Maurice Haas_Zürich-2

「89歳まで生きた祖父を、私は大好きだった。私も家族も、祖父が戦争に行ったことを知ってはいたが、ドイツ軍兵士としてぐらいの認識だった。だが彼はナチス親衛隊員としてユダヤ人を殺害、戦争犯罪を負っていた。祖父は決して語らなかったし、私も決して尋ねなかった。祖父はきっと話したがらないだろう、と思って控えた」。クラウス監督は振り返る。


だがある日、ユダヤ人虐殺者のひとりとして祖父の名が記された書物を見つける。「ベルリンの壁が崩れて以来、多くの文書が東欧から西欧に流れてきたことも大きかったようだが、私はまったくもってショックを受けた。それまでまったく知らなかったからね」とクラウス監督。そうしてベルリンにドイツ東部コプレンツ、ドイツ南部ルートヴィヒスブルクにワルシャワ、ワシントンと欧米の記録保管所へ足を運び、祖父についてリサーチを続けた末に、今作を考案した。


朝日新聞GLOBEでは9月3日発行号の紙面で高橋友佳理記者が特集「記録の力」を書いたが、クラウス監督が今作にたどり着いたのは、まさに「記録の力」が大きいと言えるだろう。


記録保管所では、犠牲者と加害者の記録が隣り合わせで保存されていたという。それもあってだろう、クラウス監督は犠牲者の子孫であるユダヤ人たちからよく話しかけられたそうだ。「彼らは『この先祖たちについてどう思うか?』と興味深そうに私に尋ねてきた。彼らはユーモアやウィット、ジョークも交えて話してきた。ナチスの子孫としては居心地が悪い。私はとても困惑し、動揺し、そのことについてホテルでずっと考えた。そうして、私が感じたこの困惑や動揺を、映画を通して多くの人にいわば追体験してもらおう、この恐ろしい問題をもとにコメディーを作ろうと思ったんだ」

『ブルーム・オブ・イエスタデイ』より © Maurice Haas_Zürich

トトとザジのキャラクターは、記録保存所で耳にした会話や、ドイツ人とユダヤ人のカップルについて聞いた話などをもとに作り上げたという。


今作は、祖父を含むナチスの面々がユダヤ人を追い立て虐殺した、ラトビア首都リガ近郊のルンブラの森でも撮影した。「私には恐ろしい経験だったし、撮影クルーにとっても、居心地の悪い感じがあった。それでも、まさに虐殺が起きた現場で撮ることは今作に必要なことだった」とクラウス監督は語る。


ナチスやホロコーストをめぐる映画や小説は数多く作られてきたが、笑いを交えた作品は世界中でタブー視されてきた。「ヒトラーが現代に蘇ったら?」という設定でヒットしたドイツ映画『帰ってきたヒトラー』(2015年)はヒトラーを真正面から風刺して画期的だったが(主演オリヴァー・マスッチのインタビューを踏まえた「シネマニア・リポート[#1]ご参照)、それでも「ホロコーストにユーモアを用いた映画は、これまで作られてこなかった」とクラウス監督は言う。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示