RSS

Webオリジナル

スマホの「次」はなんだろうか? 松井博 #11

9月12日にアップルから iPhone X が発表されました。今年は初代 iPhone 生誕からちょうど10年になります。IT革命が始まって以来、これほどまでに急速に普及し、世界を変えてしまった製品は他にないでしょう。僕が今英語学校を経営しているフィリピンでも、街ゆく乗合バス、ジプニーの中では、誰もがスマホの画面に見入っています。

新型iPhone Xの公開には、多くの報道関係者が詰めかけた=9月12日、カリフォルニア州クパチーノ


先進国と発展途上国との間の情報格差は急速に消え去り、自動車や自転車のライドシェア、あるいはモバイルバンキングなどなど、スマホならではの様々なサービスが次々に新しく生まれてきました。僕たちの暮らしぶりは、一体スマホ普及以前はどうしていたのかと思うほどの変わりようです。



生誕10周年を迎えたスマートフォンは、ここに来てすでに完成の域に達した感があります。iPhone Xを購入したからと言って、何か新しいことができるというわけでもありません。 やれることはその数世代前の機種とそれほど変わらないのです。



また同日に発表された Apple Watch も、ついに通信機能が搭載されて一定の完成を見たような状況です。Apple Watchの売り上げがすでにロレックスやオメガを追い抜いたとの報道もありましたが、これからもこうしたウェアラブル・デバイスは、僕らの生活にジワジワと浸透し続けるでしょう。



しかし、こうしたウェアラブル・デバイスは、スマートフォンに取って代わるものではなく、スマートフォンと併用して僕らが身に付けるものになっていくようなのです。では、スマートフォンに取って代わる情報端末はありうるのでしょうか? そしてもしもそんなものがあるとすれば、それはどのようなものになるのでしょうか?



情報端末はやがて人と同等になる

スマートフォンの「次」にやって来る情報端末がどのような形状になるのかは一度横に置いておいて、まずはユーザーインターフェイスがどのような形になっていくのかを考えてみたいと思います。


アップルウォッチの「シリーズ3」を発表するティム・クックCEO=9月12日、カリフォルニア州クパチーノ

現在主流の画面を指でタッチするというインターフェイスは、おそらく時代遅れになっていくでしょう。実際問題、アプリごとに操作方法を覚えるのは面倒なものです。アプリごとに初期設定を施し、そしてまたアプリごとに異なった操作方法を覚える…… そしてバージョンアップのたびに微妙に操作方法が変わり、その都度学習し直しです。さらに根本的なことを言ってしまえば、必要なアプリをその都度画面上から探すのだって実に面倒なものです。



こんな面倒臭いユーザーインターフェイスはそろそろ終わりになります。やがて各種情報端末のユーザーインターフェイスは人間の音声やジェスチャー、また表情などを利用した、人間本来のコミュニケーション方法に近づいていくはずです。普通に自然言語で会話し、指を差して指示し、笑ったり怒ったりすると、それを端末が理解するようになるのです。また、ウェアラブルデバイスなどから得た情報に基づき、人間側の睡眠の質や体調に到るまで、全てを把握して僕らに対して適切なメッセージやアドバイスを発するようになるに違いありません。



この兆しはすでにあります。その先端を行くのは、今アメリカで大流行のスマートスピーカーです。

(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

松井博 ITが創る未来のカタチ #11 スマホの「次」はなんだろうか?

松井博 ITが創る未来のカタチ #11
スマホの「次」はなんだろうか?

松井博 ITが創る未来のカタチ #10 IT人工知能の時代に、備えておくべき能力とは?

松井博 ITが創る未来のカタチ #10
IT人工知能の時代に、備えておくべき能力とは?

松井博 ITが創る未来のカタチ #09 IT時代に教育はどうあるべきなのか?! (3) 

松井博 ITが創る未来のカタチ #09
IT時代に教育はどうあるべきなのか?! (3) 

松井博 ITが創る未来のカタチ #08 IT時代に教育はどうあるべきなのか?! (2) 

松井博 ITが創る未来のカタチ #08
IT時代に教育はどうあるべきなのか?! (2) 

松井博 ITが創る未来のカタチ #07 IT時代に教育はどうあるべきなのか?! (1) 

松井博 ITが創る未来のカタチ #07
IT時代に教育はどうあるべきなのか?! (1) 

松井博 ITが創る未来のカタチ #06 変わる消費の形 (3) 量販店から個人経営店へ

松井博 ITが創る未来のカタチ #06
変わる消費の形 (3) 量販店から個人経営店へ

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示