RSS

Webオリジナル

トランプへの懸念、ここにも~『ギフト 僕がきみに残せるもの』

インタビューに答えるミシェル・ヴァリスコ=山本和生撮影



シネマニア・リポート Cinemania Report [#58] 藤えりか



オバマ政権下で決まった政策の多くを、まるでオセロ・ゲームのようにひっくり返そうとするトランプ米大統領。どこへ向かうのか予測できない新政権への懸念は、こんなところにも広がっていた。


米ドキュメンタリー『ギフト 僕がきみに残せるもの』(原題: Gleason)(2016年)が19日、公開された。米プロフットボールリーグ(NFL)「ニューオーリーンズ・セインツ」のスター選手として輝かしい成績を残しながら、筋力の低下などの症状を起こす難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」に襲われたスティーブ・グリーソン(40)。彼の闘病や、看護に明け暮れる家族の苦闘の現実を赤裸々に撮り続けた作品だ。時に撮影し、被写体にもなった妻ミシェル・ヴァリスコ(40)に、東京でインタビューした。

『ギフト 僕がきみに残せるもの』より © 2016 Dear Rivers, LLC

もとは生まれくる我が子に向けて、自力で話せて動けるうちにその姿をビデオ日記として残すための映像だった。映画として多くの人に見てもらうつもりは当初、夫婦ともなかった。「スティーブ自身、当初は公に出たがらず、何もしたがらなかった」とミシェルは言う。


想像に難くない。スティーブはニューオーリーンズで「ヒーロー」だった。大型ハリケーン「カトリーナ」が街を襲い、多数の死傷者が出た2005年、セインツの本拠地スーパードームは避難所となり、チームもいったん本拠地を離れた。その翌2006年、セインツが災害後初めて迎えたホームゲームで、スティーブがパントブロックを決めてチームは勝利。街が復興をめざす象徴として市民の喝采を浴びた。そんな彼が、自慢の筋力が低下するさまを世にさらすのは大変なことだったろう。

『ギフト 僕がきみに残せるもの』より © 2016 Dear Rivers, LLC

2008年の出場をもって引退、ミシェルと結婚したスティーブは、「自由人」な夫婦として、長年酷使した肉体を癒すかのように旅を楽しんでいた。2011年のある日、スティーブが「二の腕や肩がチクチクする」と訴える。「彼はアスリートとして自分の体をとてもよく熟知している。だからよく気がついた」とミシェル。チーム付きの医師が「トレーニングや自転車のせいでは。そんな深刻なものじゃないと思うよ」と言ったこともあり、「スティーブも当初は、大したことではないんじゃないかと思っていた。でもけいれんは続き、腕の力も弱り始めた」。他の医師も回るうち、ALSと診断された。


米国で推定2万~3万人、日本にも1万人近く患者がいるというALS。運動神経が侵され、気管切開をしなければ呼吸まで止まってしまう進行性の難病だ。「あんなに強くて健康だった彼がそうした病気になるなんて、信じられなかった。医師が間違っているんだ、現実ではないと思おうとしたし、彼はそれに打ち勝てる、とも思っていた。それぐらい彼は強いのだと2人とも思っていた」

『ギフト 僕がきみに残せるもの』より © 2016 Dear Rivers, LLC
(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

試写会ご招待、GLOBE藤えりか記者司会 『ドリーム』

試写会ご招待、GLOBE藤えりか記者司会
『ドリーム』

GLOBE記者 藤えりか [#59] 『ワンダーウーマン』

GLOBE記者 藤えりか [#59]
『ワンダーウーマン』

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示