RSS

アフリカ研究者 白戸圭一 01



増え続ける「胃袋」をどう満たすか? 



私が初めてアフリカの大地を踏んだのは、26年前の1991年2月のことだった。大学の探検部員だった私は仲間と6人で、サハラ砂漠の南側に位置するニジェールという国を訪れ、首都ニアメから遠く離れた半砂漠の村にテントを張って住み込んだ。井戸水をすすり、砂にまみれ、下痢やマラリアに悩まされながらも農作業や祭りの様子を映像に収め、帰国後にテレビ番組を制作した。


どこへ行っても人、人、人の日本から抜け出した我々は、広大なアフリカの大地で開放感を満喫した。当時のニジェールは、日本の3.35倍の国土に、大阪府の人口より少ない約817万人が住んでいたに過ぎなかった。首都ニアメの人口は確か50万程度だったと記憶している。都市と都市、村と村の間に人の姿はなく、サバンナが地平線のかなたまで続いており、車は幹線道路でも30分に1台見かけるかどうかだった。


当時のアフリカ全体の人口は約6億4900万だった。日本の80倍の広さの大地に、日本の5倍程度の人間が住んでいたに過ぎなかった。日本の街の暮らししか知らなかった若造にとって、アフリカはどこまでも広かった。

記者時代にウガンダで

その後、私は大学院修士課程でアフリカ地域研究を専攻し、毎日新聞社で南アフリカ・ヨハネスブルク駐在特派員(2004~08年)を務め、14年からは現職場でアフリカの政治経済情勢の分析に携わっている。

そんな私は数年前から、アフリカの様々な国に出張するたびに、「昔とは何かが違う」と感じる機会が増えた。ひと言でいえば、初めてアフリカを訪れたころのような開放感がないのだ。特に都市部では目に見えて人が増え、しばしば日本以上に過密なのである。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示