RSS

世界の食を訪ねて

食べるものが、人をつくる トランプさんは何を食べてる?

[第12回]マイケル・ブースの世界を食べる



photo: Semba Satoru



お騒がせの米大統領はファストフードと赤身の肉が好物だとか。

なるほど、食卓も「米国第一」か。

そこで、筆者は考えた。

古今東西のリーダーは、どんな食の嗜好をもっていたのだろう?



ホワイトハウスに新たな住人がやってきてはや数週間。みなさんはいかがお感じだろうか。どうも、何をしでかすかわからないお方である。今現在から、この原稿が読まれるまでの間にも、ルクセンブルク侵略やら北朝鮮との貿易協定締結やら、ひょっとするとやりかねない。


衝動的で過度に神経質、思い込みが激しく、激情の気があり、自制心は欠落、狭量で好戦的……に映るこのトランプ大統領、はたして、見るからに太りすぎである。大統領職としては建国以来初の症例だろう。日本の首相には太った人物が存在しただろうか?


人間は食べたものでできている。上記の諸症状の原因は彼の食習慣にこそ潜んでいるかもしれない。ここは一つ、ドクター・ブース※に徹底解剖させてほしい。


…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示