RSS

世界の食を訪ねて

ラーメンよ、覚醒せよ ベトナム・フォーに学ぶこと

[第4回]マイケル・ブースの世界を食べる


ベトナムの国民食、米の麺を使う「フォー」が世界で人気を博している。大の日本食びいきの筆者も最近フォーに夢中。透明なスープをすすりつつ、愛するラーメンに忠告する。「汝、敵に学ぶべし」と。




「KHANHのベトナムキッチン 銀座999」の鶏のフォー
photo: Semba Satoru

我々は今こそ、ラーメンをめぐる熱狂から目を覚ますべきなのかもしれない。湯気立ち込める丼からしばし顔を上げ、麺をすするのをやめて、ここは一つ、汁入り麺の新たな形に思いをはせてみようじゃないか。


この数年、日本はもとよりヨーロッパもアメリカもラーメンにぞっこんだ。私もその一人で、日本滞在中は週4でラーメンというときもあった。その豊かなご当地色と、ラーメン・シェフの飽くなき探求心のおかげで、嫌になることがない。くぐるべきのれん、食べるべき一杯が、常にあったのだ。


東京のあちこちでフォーを見かけるようになったのはそんな頃だ。ある週、さすがにラーメン疲れした私は、もっと軽い何かを求めていた。


複雑な香り、透き通ったスープに米でできた軽やかな麺。柔らかな牛の薄切り肉と新鮮なハーブが盛られたボウルはまさに求めていたものだった。最初はひと口ずつじっくりと。食べ進めるにつれ豊かになる味わいに狂乱の様相で麺をすすり、気づけば最後の一滴を飲み干そうとボウルに顔を突っ込む始末。これぞまさに次の「ワンボウル・ミール」の主流となると確信。それは正しかった! フォーは今や、ファストフード界に確固たるポジションを得たのだ。2013年、英国のチェーン店が料理名「フォー」を商標登録しようとしてネットで炎上、あえなく断念したが、彼らの狙いは米国チェーンの侵略を阻止することだった。フォー戦争に突入だ。

「萬福」の中華そば(東京・銀座)
photo: Semba Satoru

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示