RSS

壁がつくる世界

「トランプの壁」試作品、8種類が完成

ツートンカラーも 乗り越え難易度をテストへ

「トランプの壁」の試作品が完成した。米当局が公開した映像には、「ツートンカラー」や「シースルー」など様々な壁がずらりと並ぶ。当局は今後、壁の「乗り越え」「トンネル掘り」の難易度のテストに入る。(GLOBE記者 村山祐介)


米税関・国境警備局撮影

試作品ができるまで


建設されたのは太平洋に面した米南部サンディエゴで、メキシコとの国境近くのオタイ・メサ地区。試作品はコンクリート製が4種類、その他の材料が4種類の計8種類で、高さ、幅とも約9メートル。



米税関・国境警備局が公開した映像をみると、8枚の壁はメキシコとの国境に沿って十数メートルおきに横一列に並んでいる。表面は灰色や肌色が多いものの、上半分が紺色で下が灰色の「ツートンカラー」のものや、下半分が格子状になっていて反対側が見通せる「シースルー」のデザインのものもあった。


米税関・国境警備局撮影


試作品は当初予定より数カ月遅れて9月に着工し、10月26日にすべて完成した。1~2カ月かけて、壁の上をよじ登ったり、地下にトンネルを掘ったりする「難易度」を確認するという。


米税関・国境警備局撮影の動画を元に作成


ただ、トランプ氏に建設費の負担を求められたメキシコ側は拒絶しているうえ、米議会も巨額費用の捻出には消極的なままだ。トランプ氏が最大120億ドル(約1兆3000億円)と見込む建設費のめどは依然、立っていない。ロイター通信によると、米当局は建設費のめどがつかなくても、老朽化した既存の壁の代替用に試作品のデザインの一部を採用する可能性があるという。



年間550カ所も穴を開けられるサンディエゴの壁をめぐる「攻防戦」はこちらの記事で。


GLOBE10月号と「Abema x GLOBE」の壁特集の全編はこちらから

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示