RSS

世界は今日も踊っている!

米国ダンスセラピー、記者もニューヨークで体験してみた



ダンスセラピストの研修。講師役のジョーン・ウィティッグは、目を閉じた状態で大勢で踊るダンスセラピーの手法を紹介した/photo:Wake Shinya

右手でつないだデイナ(39)の手は細かく震えていた。左手をつないだルビー(57)は、ずっとうつむいたままだった。デイナは長く統合失調症、ルビーはそううつ病の患者だった。米国・ニューヨーク市中心部から地下鉄を乗り継いで約30分。れんが造りのアパートが並ぶ住宅街にあるメイモナイヅ総合病院の精神科病棟は、芸術療法に熱心な病院として知られている。「ダンスセラピー」もその一つ。5月上旬、私はその取材で病院を訪れた。


約30年勤めるダンスセラピストのトリシャ・カペロ(59)は「取材するなら是非、体験してみては」と勧めてくれた。正直、戸惑った。私はダンスが苦手だ。だが、「説明を聞くより、体験の方が伝わるから」と言う。


当日、私は3階のエレベーターホール前に集まった患者や職員ら10人の輪に加わった。トリシャがCDをつけ、セラピーが始まった。


90年代に流行した豪州バンド、サベージガーデンの緩やかな曲に合わせ、10人は体を左右に揺らした。つないだ両手を高く挙げ、ゆっくりと降ろす。2曲目は米国の女性歌手、マライア・キャリーのアップテンポな曲。今度は2人1組で向かい合い、小刻みに肩を振るわせた。


再び輪になって手をつないだとき、デイナの手の震えが止まっているのに気づいた。顔を上げたルビーと視線があうと、にかっと笑った。青く澄んだ瞳が輝き、思わず私も笑顔を返した。

                   



ダンスが持つ力


踊りを通じて、病気や障害に伴う不安や痛みを和らげたり、社会に適合する力を養ったりするのがダンスセラピーだ。


約70年前、モダンダンサーのマリアン・チェイスがワシントンの病院で患者にダンスを教えた当初、それは「療法」ではなく「コミュニケーションの手段」だった。だが、病院でダンスの癒やし効果の可能性に気づいたチェイスは、自ら精神医学を学び、ダンスを医療現場で扱う挑戦を始めた。…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示