RSS

北朝鮮サバイバル

[Part1]大人気「コンビニ」と失敗したカフェ 平壌を見る

平壌のデパートで働く女性たち。消費文化が根づき始めている。photo:AP/Wong Maye-E



人々は国に頼らず、暮らしを向上させるために日々、変化している。生き残ること。それが人々の論理だ。



夕刻の平壌。シンガポール人のジェフリー・シーは、仕事帰りの人々が、ある店に吸い込まれていく様子を見ていた。

店にはパンやジュース、お菓子から、シャンプーやトイレットペーパーなどの日用品、化粧品や下着から冷凍の魚、お酒まで何でもある。


社会主義の北朝鮮では、国営の店の営業時間は人々の勤務時間と同じ時間帯だ。「欲しい時のちょっと買い」が難しいが、この「黄金原」という店は朝6時から夜中12時まで営業している。


「北朝鮮版コンビニです。経営陣にビジネスのノウハウを伝えたのは私たちなので、感慨深かった」。シンガポールで取材に答えたシーはこう語った。


シーは経営にかかわる北朝鮮の人たちを支援する市民団体「チョソン・エクスチェンジ」創設者。「店を立ち上げた北朝鮮の人たちは、どこの店で何がどれだけ売れたかを分析し、レイアウトも工夫した。大量購入で仕入れの価格も下げている」と語る。「単に物を置いておけばよかった時代から客のニーズを考えるようになった。彼らにとっては『イノベーション』です」。人気となり、チェーン化している。


失敗例もある。シーらが北朝鮮で開いたワークショップに参加した女性は、世界中で見かけるようなチェーンのコーヒーショップに関心を持った。平壌の大通り沿いに全面ガラス張りでコンクリート打ちっ放しの床、オープンでおしゃれな店をつくった。


しかし、客が入らない。経営者の女性は窓から中が見えないようにし、席と席の間に仕切りも置いた。それでもダメ。「北朝鮮の人たちは、くつろいでいる時に他人から見られるのを嫌がるようです。マーケットの特徴を事前につかめなかった」とシーは語る。


これらは「体制側」の人たちが多く住む平壌の話だ。シンガポールの写真家アラム・パン(41)は16回、計118日をかけ、外国人では訪れることが難しい地方にも足を運んだ。「中国と貿易しやすい国境に近い地域ほど豊かにみえた。国内向けに商売しやすいからだろう」と彼は語る。


平壌から約40キロ北にある平城(ピョンソン)を訪れた時も驚いた。ここは中国と首都・平壌を結ぶ物流の「玄関口」。平壌より店の数も人手も多く、人々の表情は生き生きとしていた。


平壌は許可された外国人が多く訪れる都市で、景観のためなのか、社会主義の国としては店の存在を知られたくないためか、大きな看板を掲げる店は少ない。


一方、平城では、例えば音符マークに「文化商店 楽器」と横に赤字で大きく書いた看板や、衣料品や食べ物などの店の看板が派手に並んでいた。「車部品の店もたくさんあった。自動車がそれだけ普及しているということ」とパン。


彼が北朝鮮を撮影し始めたのは2013年からだが、地方は特に暗かった。今は太陽光パネルとLEDライトをよく見かけるようになった。地方では歩いて移動する人ばかりだったが、自転車に乗る人が増えている。


(神谷毅)


(文中敬称略)


(「暮らしが変わったわけ 北朝鮮の経済に何が?」に続く)



この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示