RSS

壁がつくる世界

[Part1]非武装地帯が作り出した「異質感」

民間人統制区域とDMZの方向を望む。
Photo:Kamiya Takeshi

私の目には、車のフロントガラス越しに、臨津江(イムジンガン)にかかる橋と、その先に続く道が見える。だが、カーナビの画面は何も表示していない。 


ソウルから北に約50キロ。橋の手前にある軍の検問所に着いた時のこと。カーナビにデータがないのは、これより先が、軍によって出入りを厳しく制限された民間人統制区域だからだ。

軍事境界線のフェンスを点検する韓国軍の兵士たち。

1950年に朝鮮戦争が勃発。3年後の休戦協定で軍事境界線が東西248キロにわたって引かれた。境界線に大きな壁があるわけではないが、南北それぞれ2キロにDMZが設けられ、鉄条網付きフェンスと兵士が行く手を阻む。DMZの手前に民間人統制区域があり、2段階の規制となっている。


一帯には300万個ともいわれる地雷が埋められている。DMZは「壁」の役割を果たし、行き来はほぼ不可能だ。


私が訪れたのは8月。別の日に予定していた統制区域内の取材は、米韓合同軍事演習と重なったことなどもあり、許可が出なかった。


検問所で軍の許可を得て、カーナビでは見えない橋を渡り、統制区域内のヘマル村を訪れた。政府が2001年、戦争前に住んでいた人たちのために帰村を認め、約60世帯、約150人がほぼ半世紀ぶりにここで暮らし始めた。


村の入り口に、「警告 未確認の地雷地域」の標識があった。ただ、村にはペンション風の家が並び、のどかな風景が広がっていた。


チェ・ソンウォン(73)の家を訪ねた。日本の植民地だった時代に村で生まれた。7歳の時に戦争が起き、父は何者かに連れていかれ、行方不明。母とは生き別れた。祖母に育てられたが、祖母が亡くなると孤児となった。長じてソウルで商売をして暮らした。引退を考え始めたころ帰村の話を聞き、移り住んだ。


「失郷民」という言葉がある。北朝鮮に故郷があるが行き来できず、韓国に住む人たちのこと。故郷や家族を、今も思い焦がれている。


チェの祖母の生まれも北朝鮮の開城だ。しかし彼は「DMZの解除は望まない。今の豊かさはDMZが守っている。村の人もそう思っている」と断言する。彼自身は失郷民2世。時が経ち、父母世代とは違う考えが増えている。


DMZや南北統一に向けるこうした意識は、この村に限ったことではない。韓国統一研究院の世論調査がある。「統一の必要性」について聞くと、2014年に必要と答えたのは69.3%だった。昨年は62.1%、今年は「とても」13.8%と「若干」44.0%を合わせ、「必要」は57.8%と減り続けている。「統一のために生活を少し犠牲にしてもいい」と答えたのは11.2%だった。


DMZは南北の人々の間に、「心の壁」も作り出している。


韓国の映画やドラマを販売して当局の取り締まりを受け、平壌から地方に追放されたチェ・ソングク(37)は、脱北を決意した。


韓国と接するDMZは幅4キロしかない。しかし、兵士による監視、鉄条網、地雷は越えられない。7年前、彼は中国にぬけ、ラオス、タイを1000キロ以上経て、韓国に来た。


彼は、脱北する人たちの理由が変わってきていると話す。飢えや政治の問題より、「最近は暮らしの質を求めて来る人が大半」と語る。そんな彼らは、韓国社会で「異質感」に悩むことになる。


彼が韓国の会社で働き始め、こんなことがあった。上司から「これをやってくれたら嬉しい」と何度か言われたが、何もしなかった。社会主義であり権威主義で統治される北朝鮮では、言われないと仕事をしないし、言われた通りにしないといけない。命令と順守がすべて。彼には上司の言葉は命令でなかった。このような違いから怠け者扱いされ、会社を辞める脱北者も多い。


ある韓国女性の「友達」という言葉を北朝鮮式に「自分に気がある」と誤解し、プロポーズ。失敗したこともある。


「韓国に住む脱北者3万人も同じような南北のギャップに悩んでいるはず。なんとかして、それを埋めたい」。彼はアピールの方法として漫画に目を付け、出版社の代表から支援を受けてインターネットで連載を始めた。タイトルは北朝鮮の公式メディアの労働新聞をもじってつけた。1年前に始まり、300万以上の訪問者数を記録。本にもなって書店に並んでいる。


「南北の異質感がさらに大きくなる前に、僕の漫画で互いに少しでも共感してもらえれば」

チェ・ソンウォンの娘はカナダ人と結婚し、カナダに住む。帰省した孫が妻のキム・ギョンスクと家の前で遊んでいた。
Photo:Kamiya Takeshi
民間人統制区域と臨津江。
Photo:Kamiya Takeshi

(神谷毅)


(文中敬称略)


(「壁と人類の長い付き合い」に続く)



「Abema x GLOBE」壁特集より




この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示