RSS

薬とカネ

[Part1]創薬の「生態系」最前線


真新しい実験室で、手袋をはめた白衣の生物学者たちが黙々と実験に取り組んでいた。同じフロアに、化学者や生物工学者の実験室、動物実験の部屋も並ぶ。


8月、新薬開発のベンチャーが集まる米カリフォルニア州に、デナリ・セラピューティクス社を訪ねた。最高執行責任者のアレクサンダー・シュス(44)は「生物学者が薬を考えついてから、動物実験まで数日〜数週という速さが強み。大手なら数週〜数ヵ月の作業です」と語る。


2015年創業のデナリは、米国で最も注目を集めるベンチャーのひとつだ。創業者は、米大手ジェネンテックの元幹部やスタンフォード大学の学長ら。有害物質を排除する脳の関門をかいくぐって薬を送り込む新技術を使い、アルツハイマー病やパーキンソン病などの治療薬の開発をめざす。120人余の従業員の約7割は医者か博士号の持ち主だ。


資金力も群を抜く。創業から薬の治験に入るまでの段階で投資家から約3億5000万ドル(385億円)を集めた。


シュスは言う。「私たちは新しい科学技術で患者を救おうと困難に挑戦している。でも、その意味を理解してくれる人たちがこの国にはいるんです」


リスク恐れぬ風土


新薬開発の困難さは増すばかりだ。日本製薬工業協会によると、開発中の物質が薬として承認される確率は2万5000分の1。10年ほどで半分になった。


だが、世界をリードする米国の製薬業界では、「ベンチャー」「投資家」「大手企業」の3者が生態系のように絡み合い、着実に新薬を生み出している。


ベンチャーの長所は、一つの方向に集中して開発を進められることだ。


米大手ファイザーに買収された米国のベンチャーの元研究者で、アトピー性皮膚炎の新薬「ユークリサ」の開発に携わった赤間勉(53)は「人も資金も限られる中、完璧でなくても、薬として承認されそうなら次のステップに進む徹底したマネジメントが大きかった」と振り返る。


実行部隊がベンチャーなら、資金力で歯車を回すのがベンチャーキャピタルと呼ばれる投資会社だ。早い段階で新興企業に出資し、その企業が高値で買収されたり、株式を上場したりした際に、会社の持ち分を売ってもうける。


新薬開発には10年単位の時間がかかり、設備投資も大きい。資金を注ぎ込んだあげく、重大な副作用が見つかって発売できなくなることも珍しくない。




それでも大手ベンチャーキャピタル出身で、創薬ベンチャー「アーデリクス」の社長マイケル・ラーブ(52)は言う。「米国の投資家には、リスクをとることを評価する風土がある。その中で何百という会社が生まれ、挑戦を続けている」


大手も有望なベンチャーを虎視眈々と狙っている。「ベンチャーとの連携は、クリティカル(極めて重要)です」。米大手ギリアド・サイエンシズの副社長グレッグ・アルトン(51)が言う。


その成功例が「ソバルディ」など、ギリアドの出した一連のC型肝炎薬だ。


C型肝炎の治療は重い副作用が出ることもあるインターフェロン注射が中心だったが、ギリアドの薬は3カ月の投与での根治に成功。15年には関連する2剤で世界トップの約190億ドル(2兆900億円)を売り上げる大ヒットになった。


もともと、薬の元になる物質を開発していたのは、12年に約110億ドル(1兆2100億円)で買収したベンチャー。まだ多数の患者による治験に入る前だったが、ギリアドの参画で開発費が確保されたうえ、規制当局への申請でもギリアドの蓄積が生かされたという。


アルトンは「大手が二の足を踏むようなことに挑戦するのがベンチャー。一方、我々は世界最高水準の科学者をそろえており、ノウハウの蓄積もある。だから買収も成功した」と胸を張る。


日本の状況は


 一方、日本に目を向けると、資金不足に悩むベンチャーも多く、画期的な成果も少ない。日米のベンチャーを支援するコンサルタントのマイケル・グリーンバーグ(50)は「日本にも優れた研究や技術はあるが、どう資金を集めて、どう利益を上げるのかという感覚を持った人材が少ない。学界での序列が経営に持ち込まれがちなのも問題だ」と話す。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示