RSS

トイレから愛をこめて

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[Part1]トイレの水を飲む日に備えよ/米国






「トイレの水を飲む街」が米国にあると聞き、テキサス州を訪れた。ダラスから北西へ約200キロのウィチタフォールズ。米空軍シェパード基地を擁する人口10万ほどの静かな街だ。


連日40度超の暑さが続く7月下旬、車で市内に入ると、線路の脇や小川の横などあちこちに直径80センチほどの黒いパイプが横たわっていた。13マイル(約20キロ)ほど離れた場所にある市の下水処理場と浄水場を直接結ぶ管だ。処理後の下水を川に流さず、そのまま飲み水用の水源として再利用している。


飲み水を作るサイプレス水処理場を訪ねると、責任者のダニエル・ニックスが再生水をためる池へ案内してくれた。昨日まで下水だったとは思えない透明な水をたたえている。「今朝はカナダグースが水を飲みに来たよ」


もともとウィチタフォールズは水源を郊外にある湖に頼っていた。だが2011年に始まった干ばつで貯水量が激減。「あと2年で水がなくなる」(ニックス)ほどの危機にさらされ、下水の再利用にいや応なく踏み出すことになった。


下水処理場からパイプを伝って送られてきた水は、精密濾過(ろか)や逆浸透膜などの技術を使って浄化する。湖水と半々の割合で混ぜてさらに処理し、1日に1000万ガロン(3780万リットル)の飲み水になる。飲んでみたが、無味無臭の普通の水だ。前例のない取り組みだけに、州政府の許可を得るため提出した書類は6000ページになった。テスト期間を経て、昨年夏から運用を始めた。





冗談じゃないと思った


計画が明るみに出ると、世界中からメディアがやってきて、「toilet-to-tap water(トイレから蛇口に来た水)」を飲む街の「悲劇」を面白おかしく報じた。下水はトイレの水だけではないのだが、人々の関心はトイレに集中した。


住民はどんな気持ちだったのか。市内で飲食店を営むクリスティー・チャコウィスキー(56)は「冗談じゃないと思った」。客のポール・マレー(69)も「最初は夫婦そろって買ってきた水しか飲まなかった」と話す。市は科学者とメディアを動員し、大規模な広報活動を展開。浄水場に見学者を受け入れ、情報は包み隠さず公開した。市公共事業担当局のラッセル・シュライバーは「僕の妻や子も同じ水を飲むんですよ、危険な水を供給すると思いますか?と訴えた」と言う。市民は次第に落ち着きを取り戻した。


水処理場のニックスは、「『トイレから蛇口へ』という言葉はうんざりだ」と言った。「下水はもはや下水ではない。テクノロジーのおかげで、資源になったのです」


干ばつに悩むカリフォルニア州にも、この試みを追う動きがある。人口300万のシリコンバレーで昨年、サンフランシスコ湾に臨む下水処理場の向かいに大型の高度浄水場が稼働した。今は灌漑(かんがい)用水のみの利用だが、州政府の許可が下り、住民の理解が得られれば、飲用水として供給する計画だという。


高度処理した水は、ミネラル成分さえ取り除くほど純度が高い。このため飲んでも安全だと、プラント責任者のパム・ジョンは言う。「古代ローマの時代から自然の営みに委ねてきた浄化を、技術がより手早くやってくれているだけなんです」


水再生学の世界的権威であるカリフォルニア大デービス校名誉教授の浅野孝は、「下水を飲むことは技術的には十分可能だ。あとは人々が心理的に受け入れられるかだ」と語る。OECD(経済協力開発機構)の12年の発表では、世界の水需要は50年までに55%ほど増え、生活用水は130%増えると予測される。水洗トイレの普及など、途上国の生活改善が要因だ。下水の3割強をトイレ排水が占める米国では、渇水地域を中心に、便器の節水基準は日本よりはるかに厳しい。「世界は水の量や質の担保をめぐり、混迷の時代に入る。できるだけ小さなサイクルで水を循環させることが、危機管理の上で大切だ」と浅野はいう。







下水の再利用は日本でも進む。慢性的な水不足で農業生産に支障が出ている沖縄県糸満市では、8月、下水から再生水をつくる試験プラントが着工した。海に捨てていた1日1万トンの処理水の一部を再生水に変える施設だ。


10年前に構想が浮上した時は、下水の再生水で育てた作物が消費者に受け入れられるのか、不安視する農業関係者の抵抗が強かった。だが「自然の水よりも安全だと知り、今は待ち遠しい。得意先も納得してくれた」と、ハーブ農家の真境名一夫(56)は言う。今後も沖縄の水需要は増え続けるとみられ、将来は飲み水としての再利用も視野に入れる。


沖縄のプロジェクトに関わる京都大教授の田中宏明(水再生工学)は「下水の再利用は渇水地域に限った話ではない」という。現在の下水処理では、人間のし尿から出るホルモンやウイルス、界面活性剤などが完全に除去できぬまま海や川に流れ、生態系に影響を与えている。省エネの観点からも意味がある。田中によると、日本の水道事業で使うエネルギーの9割は水を運ぶためのもの。「下水を都市の水源として循環させることが、水質やコスト、気候変動への対応など多方面で意味を持つ時代になる」


(田玉恵美)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)



トイレの水を飲む日に備えよ

処理した下水を飲料水の水源として利用する米国の街を訪ねた(撮影:田玉恵美、機材提供:BS朝日「いま世界は」



Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から