RSS

旅を旅する

[Part1]熊野古道の可能性




英字で書かれた道標を頼りに、外国人らは古道をゆく
photo:Wake Shinya


2014年に日本を訪れた外国人は約1088万人。04年の約384万人から3倍近くに増えた。だが、世界的には、外国人旅行者の受け入れ数で日本は27位。アジアでも8位と伸び悩む。


英字の旅行ガイド本『ロンリープラネット』の日本編を担当するクリス・ローソン(49)は「日本は安全で料理もおいしい。努力すれば、生かせる可能性はまだまだある」と指摘する。


どう努力すれば? 彼が「例えば」と挙げたのは、和歌山県田辺市だった。


市を西から東へ「熊野古道」が熊野本宮大社まで貫く。古道を含む「紀伊山地の霊場と参詣(さんけい)道」は04年、ユネスコの世界遺産に登録された。とはいえ交通至便とは言い難い。そんな市を、最近、外国人が盛んに訪れているという。






カナダ出身の「助っ人」


本当だろうか。半信半疑で、山あいの民宿「ちかつゆ」に泊まった。


「これはジャパニーズ・フィッシュ・アンド・チップス」。主人の木下久(59)が、山女魚(やまめ)のから揚げを運ぶ。よく見ると、フライドポテトが添えてある。食卓にはドイツ人、英国人、米国人2人に豪州の夫婦。そして日本人の私。国際色豊かな夕食が始まった。


いまでは外国人客をにこやかにもてなす木下だが、初めて外国人の予約が入った10年ほど前は「到着の1週間前からドキドキしていた」と振り返る。


実は、田辺市には「助っ人」がいる。「田辺市熊野ツーリズムビューロー」は06年、地元小中学校の英語講師を数年前まで務めたカナダ出身のブラッド・トウル(40)を職員に迎えた。外国人の目線で、観光資源を見直してもらう狙いだった。


熊野古道を何度も歩き、自然と文化が融合した魅力を知っていたブラッドは、民宿や観光バス、飲食店、土産物屋など観光に携わる人たちを訪ね、根気強く意見を聞いた。どうしたら不安を解消できるのか、一緒に知恵を絞った。


英字で書かれたバスの時刻表を用意した。カード決済ができない民宿のために、ビューローがネットで予約や決済を請け負える仕組みもつくった。ブラッドは、「言葉はコミュニケーションの10%。表情や手ぶりを交え、互いに理解しようと思えばなんとかなる」と話す。


昨年度の外国人宿泊者数は延べ1万1352人で、04年度の721人から大幅に増えた。いまや民宿「ちかつゆ」は、外国人旅行者の割合が、年間の宿泊客の4割に達する。


夕食を共にした英国人のオリバー(22)は、「豊かな自然と親切な日本人に触れられて楽しい」。ドイツ人のアンドレ(25)も「歩きながら日本の文化を知れる特別な経験」と満足げだった。木下は「山の生活なんて珍しくもないと思ってた。でも、外国人はみんなビューティフォーと言ってくれる」と笑った。


(和気真也)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)



熊野古道の可能性

熊野古道を訪れた外国人観光客に熊野の魅力をたずねてみた(撮影:和気也、機材提供:BS朝日「いま世界は」)



…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示