RSS

アカデミー賞はどこへ?

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[Part1]受賞作の配給権、独立系に勢い






2014年の作品賞は、英国のスティーブ・マックイーン監督が黒人奴隷の過酷な日々を描いた『それでも夜は明ける』が受賞した。日本国内の映画館に卸す「配給」を担当したのは、1986年創業のギャガ。大手スタジオが制作に加わっていないインディペンデント映画を扱う会社だ。


ギャガは、09年に作品賞を受けた『スラムドッグ$ミリオネア』以来、11年の『英国王のスピーチ』、12年の『アーティスト』、そして昨年と、ここ6年で計4本の作品賞受賞作の配給権を獲得している。


ギャガは今年も、『イミテーション・ゲーム』と『セッション』という2本の作品賞候補の配給権をすでに得ている。前者は、ナチスの暗号を解く実在の数学者を描いた受賞の有力候補。後者は、音楽家を志す若者と狂気の鬼教師がぶつかり合う物語で、ダークホースとして注目を集める。


映画ジャーナリストの大高宏雄は「結果的にその時代に勢いのある会社が配給権を獲得する傾向にある」と見る。例えば、ユニバーサルやパラマウントなどの作品を配給していたUIP(07年、日本支社解散)は99年の『恋におちたシェイクスピア』から02年の『ビューティフル・マインド』まで、4年連続で配給作が作品賞を取っていた。


映画の買い付けはインディペンデント映画の場合、国際映画祭のマーケットなどで上映された作品を見て、権利元と交渉して契約を結ぶことが多い。




企画段階から情報収集


しかし、ギャガはアカデミー賞に絡みそうだと見ると、作品が完成する前に押さえている。会長兼社長CEOの依田巽は言う。「脚本段階、いや企画段階からおびただしい情報を収集し、評価しています」。『アーティスト』がカンヌのコンペに参加した時も、『英国王のスピーチ』がベルリンに招待された時も、ギャガはすでに契約を結んでいた。


「ヒット作を数多く手がける配給会社には天才的な目利きバイヤー(買い手)がいる、という話をよく聞くが、あれはウソです」と言うのは、やはりインディペンデント映画の配給会社ロングライド社長の波多野文郎だ。「誰がどんな映画を企画しているといった情報をいち早く得るという地道な努力しかありません」


同社も『愛、アムール』『ブルージャスミン』といった賞レースをにぎわせた作品を数多く手がける。今年も、レスリングの五輪選手が射殺された事件に材を取った『フォックスキャッチャー』が監督賞などの候補になった。この作品は撮影前の12年に契約。昨年のカンヌのコンペに出た時はもう売約済みだった。


ギャガやロングライドがアカデミー賞に絡む作品を配給できるようになったのは、米国映画の作り手の大きな変化と深くかかわっている。長年、ハリウッドの大手スタジオが制作した映画が作品賞を受賞するケースが目立ったが、今はインディペンデント映画が主流になっている。




強まる日本映画志向


「欧州のアカデミー会員の意向が大きくなってきた」とギャガの依田は言う。同社が買った作品賞受賞作のうち、『スラムドッグ$ミリオネア』『英国王のスピーチ』は英国、『アーティスト』はフランス、『それでも夜は明ける』は英米合作だ。純粋な米国映画は1本もない。


アカデミー賞がインディペンデント映画中心になるのと軌を一にするように、日本の観客は日本映画志向を強めるようになった。日本映画の興行収入のシェアが21年ぶりに外国映画を上回ったのが06年。この年の作品賞は、ギャガの元社員が設立したムービーアイ・エンタテインメント配給の『クラッシュ』だった。


80~90年代の作品賞受賞作は『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『レインマン』のような映画通好みの作品でも、配給収入で30億円を大きく上回っていた。配給収入は配給会社の取り分で、興行収入はその2倍程度とみられる。


近年の受賞作の興行収入は『スラムドッグ$ミリオネア』が13億円、『英国王のスピーチ』が18億2000万円。昨年の『それでも夜は明ける』は4億円だったが、依田は「日本人になじみの薄い題材だから、作品賞を取っていなければ1億円くらいだったのではないでしょうか」と語った。


(石飛徳樹)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)



…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から