RSS

寄付

[Part1]食事代から20円、寄付マネーの旅







牛で田んぼを耕すのは初めてだった。ぎらつく日差しに汗がにじむ。昨年10月、日本の非営利組織(NPO)「テーブル・フォー・ツー・インターナショナル(TFT)」の職員、張一華(27)は、フィリピンのレイテ島にいた。渡す予定の寄付の使い道を調べに訪れたところ、地元の人に作業を一緒にしようと誘われたのだった。


この寄付は、日本の企業や学校の食堂などで食事をすると、代金のうち20円が発展途上国の給食費として送られる仕組み。2007年、ツイッター日本法人代表の近藤正晃ジェームスらが立ち上げた。フィリピンでの活動は、給食から食環境の改善へ支援の分野を広げる試みだ。08年の寄付の実績は102団体から約1200万円。13年には国内618団体に広がり、計1億2760万円を集めた。約600万食分の協力があったことになる。


この仕組みが広がった理由の一つが、寄付をする精神的なハードルを下げたことにあると専門家は指摘する。メニューはカロリーを抑えたヘルシーな献立。「寄付って、ちょっと偽善っぽい」と考えて腰が引ける人でも、「自分の肥満解消のため」と思えば参加しやすい。


しかし、せっかく集めた寄付も、管理をしっかりしないと寄付した人の信頼を失ってしまう。内閣府が昨年発表した寄付に関する意識調査では、寄付の妨げになる要因として2位に、「寄付先の団体に対する不信感」が挙がった。日本では「寄付集めの団体は、なんとなくうさんくさい」と感じる人も多い。




寄付を誰に託すか


企業や学校から毎月受け取った寄付は支援活動用の口座で、運営費は別の口座で区別して管理する。運営費用の口座には定期的に、寄付のうち20%を限度にお金を移して使っている。2014年度末には、会計事務所の監査も受ける。


同じ内閣府の調査で、寄付を妨げる要因の1位だったのは、「寄付を行う先の、十分な情報がない」ことだった。実際に現地でどう役に立ったのか、分かりにくいという問題だ。


そこで大事になるのが、寄付を助成金という形で渡し、現地の活動を任せる非政府組織(NGO)選びだ。ところがテーブル・フォー・ツーのスタッフは10人しかおらず、助成金を望む多くNGOから、しっかりした団体を見極めるのは大変だ。公開されているNGOの財務状況や過去の活動実績はもちろん、信頼できる団体から直接聞き取った情報も加え、調べていく。


事務局長の安東迪子(みちこ)は「支援の現場では、お金を渡した後に連絡が途絶えるケースもあると聞きます。思いがこもった大事な寄付を誰に託すか。細心の注意が必要です」と話す。


フィリピンで張が「水牛体験」をしながら調査をしたNGO「PRRM」が助成先に決まるまでの過程は、こうだ。


まず現地で農業支援をする団体にいくつか打診した。4団体から活動計画と助成金の申請が送られてきた。その内容から予算の規模や、支援に必要な材料費などが適切かどうか吟味した。




現地調査で寄付金を追う


外部の意見も欠かせない。テーブル・フォー・ツーは海外支援活動の経験が長いNPO法人の職員や財団幹部が加わる「支援先選定諮問委員会」を立ち上げている。ここからも助言を受けた。


PRRMの計画は、台風の被災農家100戸に低農薬のコメ栽培法を根づかせ、農家の再生を図る内容だった。予算額は約650万円。農機具や種苗の購入に65%、人件費などに25%、残りを事務所運営費などに充てるという。


PRRMは当初、フィリピン政府の補助金をあてにしていた。だが一向に届かない。困っていたところ、テーブル・フォー・ツーを知った。代表のガニ・セラーノ(67)は「必要なタイミングで受け取れる寄付金はありがたい」と話す。


張は現地にいる間、カメラとノートを手に農地を歩き回った。農家やNGOの職員をつかまえ、計画が実現できそうなのか、じっくり話を聞いた。びっしりメモを取ったノートをもとに、張は帰国後、企業や学校向けに調査内容を盛り込んだ報告書をつくっている。


「自分の寄付が実際に役立つ様子が分かれば、良かったと思ってもらえるはずです。それが次の寄付につながっていけば」。そう張は語った。


(和気真也)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)


寄付マネーの旅に同行してみた

テーブル・フォー・ツー・インターナショナル職員のフィリピン調査に同行し、寄付がどのように使われるのか確かめた(取材:和気真也、機材提供:BS朝日「いま世界は」)




この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示