RSS

NYT Magazineから

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

「アメリカの仕組みを教えて」と聞いてきた北朝鮮の学生



その学生は、世間話には興味がなかった。


「先生は『金正日将軍の歌』を聞いたことがありますか?」。彼は尋ねてきた。「あります」。私は慎重に答えた。「どう思いますか」と、また聞かれて、私は固まってしまった。


馬鹿正直に答えては話にならない。彼は北朝鮮の平壌科学技術大の学生だし、私は彼の教師だ。学生も教師も囲われた敷地に隔離され、授業から活動から?時間監視されているのだから。


「私たちアメリカ人には国歌があるの」。私は答えた。「その歌は、あなた方にとっての国歌のようなものだと思うから、敬意を持ってるわ」


他の学生たち2人は硬い表情で黙り込んでいる。1人がたまらずサッカーの話題を持ち出したが、彼は続けた。「国会って、どういうものですか」


「どの国会?」。私はうろたえた。「アメリカ合衆国議会のこと?」「どこでもいいんです。先生はアメリカ人だから、アメリカの仕組みを教えてください」


私は深呼吸をして、知る限り一番簡単な説明をした。アメリカは50の州から成り立ち、各州の人々が上院と下院の議員を選出する。大統領も選挙で決め、大統領と議会は法案を通すために務めを果たす。つまり、決断をくだしているのは一般市民である、というようなことだ。


「僕は、決断すべきなのは大統領だと思うんですが」。彼は食ってかかってきた。「本当は彼こそが権力を持っているんでしょう、違いますか?」


この手の議論は控えるよう助言されていた。彼は私を陥れようとしているのかもしれないし、下手をすると、私が彼を厄介なトラブルに巻き込むかもしれない。


私は慎重に口を開いた。「この大学は学生のためにあるのであって、学長のためではないでしょう。私たちの国も同じで、国は大統領のためでなく、国民のためにあるの。大統領は国の顔で、実際の力は国民のものということなの」


私が説明したのは、民主主義についてだ。表情は読み取れなかったけど、彼は感謝の言葉を述べ、席を立った。




(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から