1. HOME
  2. World Now
  3. ワクチンのブースター接種4回目はリスク? EU担当者、オミクロン拡大の欧州各国に警告

ワクチンのブースター接種4回目はリスク? EU担当者、オミクロン拡大の欧州各国に警告

World Now
写真はイメージです=gettyimages
写真はイメージです=gettyimages

新型コロナウイルスの追加接種(ブースター)について、欧州連合(EU)の専門機関、欧州医薬品庁(EMA)は1月11日、頻繁に繰り返すと人の免疫システムを弱らせる可能性があるとの見解を示した。

接種から時間がたつとワクチンによる発症予防効果が弱まることから、欧米では追加接種の動きが加速しているが、今回のEMAの指摘は、こうした動きに影響する可能性もある。

ロイター通信など複数のメディアが報じた。ブルームバーグによると、EMAのワクチン戦略などを担当する組織のトップ、マルコ・カバレリ氏がこの日、報道機関に対して説明。追加接種について、「1回ないしは2回なら問題ないだろうが、継続的に繰り返すべきではない」と指摘した。

また、ロイター通信によると、カバレリ氏は「追加接種は緊急避難的な措置にはなり得ても、短い期間で繰り返すことは持続可能で長期的な戦略にはなり得ない」と述べ、4回目の追加接種の必要性については疑問を呈した。

カバレリ氏は仮に4カ月ごとに追加接種をした場合に免疫システムに過剰な負担をかける危険性を挙げたという。

欧州では現在、オミクロン株の感染が急速に拡大しており、追加接種の回数や間隔などをめぐっては難しい判断を迫られそうだ。世界ではイスラエルやチリが、4回目の接種を始めている。