RSS

いまを読む

南スーダンPKO撤収「非常に困惑した」

病院攻撃に衝撃/日本の行動に期待

ジョアンヌ・リュー国境なき医師団会長に聞く

日本政府が自衛隊撤退を決めた南スーダンなど、世界中で医療援助をしている国際NPO「国境なき医師団」(MSF)。会長のジョアンヌ・リューに紛争地の実情や日本の役割、そしてシリアなどで相次ぐ病院攻撃について聞いた。(聞き手・GLOBE編集部 高橋友佳理)





南スーダン北東部マラカルで文民保護区にいる子ども。不衛生な環境で、雨期にはマラリアやコレラのリスクと直面する

――南スーダンの国連平和維持活動(PKO)から自衛隊の撤退を決めた日本政府の判断についてどう思いますか。


会長としての公式な意見は持ち合わせていませんが、日本の決断を知ったとき、私たちは非常に困惑しました。なぜそのような決断をしたのか、全く理解できませんでした。現地の状況は良くなっていないからです。平和に至るいかなる兆候も見えていません。


――現地はどのような状況なのですか。

攻撃を受けた後の南スーダン北部ワウ・シルクの市場の様子


非常に大規模な市民への暴力が発生しています。国連PKOは逃げ場を失った人への緊急手段として、「文民保護区」を設けました。一時的な措置だったはずが、閉じるどころか拡大しており、その外は無法地帯になっています。


南スーダン北部ワウ・シルクでは今年1月、スーダン人民解放軍(SPLA)と反対勢力間の武力衝突が起き、2月にSPLAが町を奪還する際に激しい戦闘になりました。SPLAは奪還後、村々を焼き、略奪しました。逃げられなかった高齢者が生きたまま小屋ごと焼かれた、と元住民たちは証言しています。


女性たちも、市場に行ったりするために安全な保護区を出るたびにレイプされる、と打ち明けています。法を犯しても刑罰を受けないとき、誰もが暴力行為に走るのです。


(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示