RSS

いまを読む

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Because I am a Girl・・・ 日本と途上国に横たわる共通の壁

「プラン・インターナショナル・ジャパン」池上清子理事長に聞く

ウガンダで女性や女の子への暴力をなくす活動に参加する若者たち=プラン・インターナショナル提供

途上国の支援をしている「プラン・インターナショナル・ジャパン」の池上清子理事長(65)が今月、国際女性デーにあわせて東京都内で講演した。途上国の女性が直面している問題が、日本でも起きているのではないか、と警鐘を鳴らした。(構成 GLOBE編集部 高橋友佳理)



私は国連機関とNGOを行ったり来たりし、60カ国ぐらいの途上国を視察してきました。その経験を生かし、いまは国際NGO「プラン・インターナショナル」の日本事務局のトップを務めています。


途上国の女性問題に関わる直接のきっかけは、国連本部勤務時代、ニューヨークで出産したことでした。「ニューヨークだったら何の問題もないだろう」と思っていたのですが、「自然分娩で問題ない」と言われていたにもかかわらず、陣痛が始まって病院に行くと子どもが下りて来ない。過熟児で4千グラムあったことが原因でした。急きょ帝王切開になり無事生まれたのですが、「もしこれがアフリカのどこかの国のどこかの村だったら、私も娘も死んでいたのではないか」と思ったんです。どこに生まれたか、どこで出産するかによって人の命の重さが変わっていいのだろうかと。それが一番大きなきっかけで、ジェンダーの問題を追い続けてきました。


途上国の女性が直面する問題はたくさんありますが、四つ、象徴的なものをあげると、一つは宗教的側面を含めた社会的な話があります。たとえば、出産の際に立ち会う医師や助産師が女性でないといけないという慣習がある国があります。アフガニスタンではタリバンが政権を取っていた時代、女性が外で働くことは禁じられました。女医や助産師も例外ではありませんでした。その5年ほどの間、妊娠しているお母さんたちの死亡率が跳ね上がりました。出血したときに見てくれる人がいない。男性の医師はいるけれど、女性の体は触れられないので原因が分からない。このように社会的価値観が、女性の問題になることがあります。


もう一つは経済的理由から生じる問題です。日本でも女性と男性が同一賃金ではないという指摘がありますが、開発途上国は同一賃金をめざすどころか、はじめから女性だからという理由で給料が10分の1ということもあります。また、サウジアラビアでは未亡人に子供がいない場合、夫の財産の8分の1しか相続できません。



(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から