RSS

いまを読む

子どもが家庭で育つ社会へ、 本気で動き出すときだ

国際里親機関「コアアセット・グループ」会長に聞く

ジム・コックバーン会長×GLOBE副編集長・後藤絵里 対談


後藤:どうやって里親を選ぶのですか?


コックバーン氏:里親選びのプロセスは非常に厳正です。警察での犯罪歴の証明、医師への照会、また、里親候補がこれまでに住んできたすべての地域で、候補を知る人に会って人物照会をします。結婚歴があれば、元配偶者をたどります。その後、本人に面接をします。このプロセスに4~6カ月かかります。


後藤:たいへんなプロセスですね。


コックバーン氏:とても厳しいです。でも、一方で、独身者でも、LGBTでも、どんな人でも里親になれます。夫婦でなくてもいいのです。

ジム・コックバーン氏

後藤:そんな厳しいプロセスをクリアできる人はそう多くはないのでは。


コックバーン氏:応募者は十分いますが、全体の3%~5%ほどしか最終選考まで残らないのです。昨年はわれわれの機関だけで9000人の応募者がいましたが、里親として採用したのは250人です。


後藤:それだけの応募者を確保するのに、どんな手段を?


コックバーン氏:あらゆる広告手法を使います。走っているバスの車体、ラジオやテレビ、チラシ、地元イベントへの参加、教会やホテルでセミナーを開くこともします。コミュニティーグループや教会関係者にも働きかけます。イギリス全土をまわり、人々が集まる場に出かけていってブースを出して宣伝したり、キャラバンをしたりね。私たちはコールセンターを持っていて、あちこちで私たちの宣伝を見て、関心を持った人が電話をかけてきます。応対するスタッフはプロですから、電話でのやりとりで最初のスクリーニングができます。電話面接をパスしたら、今度は訪問の約束をして、スタッフが家庭を訪ねます。どの地域にも2~3人のスタッフが配置され、常時30人ほどのスタッフがリクルート活動を展開しています。こうした広報費用に190万ポンドかけています。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

米アラスカ大学フェアバンクス校元特別教授ローソン・ブリガムさんに聞く 北極航路に中国が関心 各国協議で「開かれた」地に

米アラスカ大学フェアバンクス校元特別教授ローソン・ブリガムさんに聞く
北極航路に中国が関心 各国協議で「開かれた」地に

米ハーバード大学ケネディ行政大学院教授グレアム・アリソンさんに聞く 米中は戦争を回避できるか 想像力働かせて新時代に適応を

米ハーバード大学ケネディ行政大学院教授グレアム・アリソンさんに聞く
米中は戦争を回避できるか 想像力働かせて新時代に適応を

米ニューヨーク大学大学教授ロバート・ボイントンさんに聞く 問題は日本の「9.11」 朝鮮半島との関係史から読み解く

米ニューヨーク大学大学教授ロバート・ボイントンさんに聞く
問題は日本の「9.11」 朝鮮半島との関係史から読み解く

ビーズリー国連WFP事務局長に聞く 北朝鮮の子供たち、核ミサイル開発の影の犠牲者

ビーズリー国連WFP事務局長に聞く
北朝鮮の子供たち、核ミサイル開発の影の犠牲者

香港の映画監督ン・ガーリョンさんに聞く 中国を意識、自己規制広がる香港 台湾との連携で活路を模索

香港の映画監督ン・ガーリョンさんに聞く
中国を意識、自己規制広がる香港 台湾との連携で活路を模索

ベイン・アンド・カンパニー パートナー エリック・ガートンさんに聞く 大企業病招くビジネス環境 貴重な人材、意欲引き出せ

ベイン・アンド・カンパニー パートナー エリック・ガートンさんに聞く
大企業病招くビジネス環境 貴重な人材、意欲引き出せ

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示