RSS

いまを読む

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『スノーデン』製作、困難極め/政府やハッカーをおそれる監視時代

オリバー・ストーン(映画監督)




米政府の大量監視を暴露した元CIA職員の軌跡を描いた『スノーデン』が公開された。製作には困難を伴った。「これが最後の映画になるかもしれない」とストーン監督は言う。



─映画『スノーデン』の製作では、米国家安全保障局(NSA)による監視にかなり気を配ったそうですね。

私たちは非常に用心しなければならなかった。合法的に映画を作っていただけだが、脚本をはじめ、あらゆるものをネット上に上げず、できるだけ暗号化し、断片ごとに撮影した。(NSAのほか)ハッカーが金もうけのため脚本を入手しようとする可能性もあったためだ。エドワード・スノーデンに関してハッキングできれば、確実に大きな話だからね。公開前も映画がハッキングされて出回ったりしないかと心配したので、映画を関係者にあまり見せず、見せる際には断片的とした。


─映画はスノーデンが軍やNSAなどをいかに支えてきたかも描いています。

自分がしていることが米国あるいは世界の人々の安全保障の利益になっていないと気づくまで、彼は全力で支えた。


彼も繰り返し言い、映画にも出てくるが、(テロなどに)関与した疑いのある人物や集団、その知人や家族らに対象を絞った監視には大義がある。それは避けて通れないことだし、とても効果的で、いいと思う。裁判所も同意している。だが、米国がしている大量監視では、あらゆる情報が集められる。そうした情報を周辺にリークすることで、他国の政権転覆や騒乱に用いられたりするわけだ。米国の介入主義はとどまるところを知らない。


2001年の9.11同時多発テロ以降、おびただしい予算を情報機関に費やしてきたが、テロリストをさらに増やす結果となり、私たちはさらに安全でなくなった。情報機関は安全をもたらしていない。だから「安全保障か個人の自由か」という問いの立て方は間違った方程式だ。



Oliver Stone

ベトナム戦争に従軍後、ニューヨーク大学で映画製作を学び、『プラトーン』(86年)で作品賞などアカデミー賞4冠、『7月4日に生まれて』(89年)で監督賞など2冠。2013年には広島や長崎、米軍基地のある沖縄を訪問。今年1月に来日した。




(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から