RSS

いまを読む

[第47回]被災地復興に街のデータ共有

東北の再生にも生かして

アリソン・プライヤー(ザ・データ・センター代表、人口統計学者)







約10年前のハリケーン・カトリーナで大きな被害を受けた米ニューオーリンズでは、被災地の課題をデータ化し、行政や住民が共有したことが復興に役立った。同じ方法は、東日本大震災から5年を迎えた東北の再生にも活用できると、データ活用に尽力したNGO「ザ・データ・センター」のアリソン・プライヤー代表は話す。




ザ・データ・センターは、国勢調査など様々な統計データを、街の戦略的発展のためにどう活用すべきかを提案してきました。2001年には誰もが利用できるウェブサイトも立ち上げています。05年8月、街がハリケーン・カトリーナで大きな被害を受けた後、連邦政府と州政府、国内外のメディアやNGOなど、世界中から私たちのデータに関心が集まりました。環境が激変し、年1回の国勢調査では、刻々と変わる街の姿がつかめなくなったのです。


私たちは郵便配達人の協力を得て、空き家の状況を探るなどリアルタイムのデータを得ることに注力しました。また、ブルッキングス研究所と共同で、住宅の戸数や価格、人口動態や雇用など様々な街の指標をまとめ、定期的に公表。被災から5年は復興状況を、それ以降は街の強さをデータで示しています。




Allison Plyer

1961年、米国シカゴ生まれ。ノースウェスタン大ケロッグ経営大学院(修士)、チュレーン大公衆衛生熱帯医学校修了(博士)。2月、ジャパン・ソサエティーとNPO法人ETIC.の招きで来日。



…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示