RSS

先読み世界経済

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[第80回]エネルギー確保、技術革新で/資源偏在でも知恵は世界中に

ダニエル・ヤーギン Daniel Yergin 経済評論家・『探究―エネルギーの世紀』著者


中国やインドの経済成長で世界のエネルギー需要が急増している。この需要をまかなうエネルギー源は何か。日本の原発事故で、原子力をめぐる各国の足並みは乱れた。再生可能エネルギーの普及もまだ時間がかかる。過去の危機と同様、カギは技術革新だろう。先進国も新興国も一緒になって知恵を絞るときだ。



2004年ごろから、エネルギー需要のグローバル化とでも呼ぶべき国際環境の変化が起きている。エネルギー需要の担い手が米国や西欧、日本から新興国へと広がり、中国やインドがエネルギー市場や世界経済の動向に決定的な影響を及ぼすようになった。中国首相の温家宝が、ホルムズ海峡の封鎖をほのめかしたイランに対して「極端な行為」を慎むよう警告したのは象徴的だった。需要のグローバル化に伴い、エネルギー安全保障が先進国だけでなく、新興国にとっても重要な課題になったのだ。


第1次世界大戦の直前、のちに英首相になるチャーチルは、英海軍の燃料を石炭から石油に変える決断をした際、「石油の万全な確保のカギは、一に多様性、二に多様性だ」と述べた。チャーチルの言葉は、ほぼ1世紀がたったいまも輝きを失っていない。チャーチルが言ったように、石油の供給元の多様化はもちろんだが、さらに、多様な種類のエネルギー源を確保できるようにしておくことが、エネルギー安全保障のカギなのだ。


いま直面しているのは、世界がかつてないほど電気に依存している、という事実だ。インターネットやiPhone、パソコンも電気なしには動かない。少なくとも今後20年間、電気を生み出すエネルギー源を世界規模でみれば、石炭、原子力、天然ガスの三つが柱であり続ける。


電気をつくる手段として、最も重要度を増すのは天然ガスだ。米国で技術革新の結果、従来のガス田ではない地下の岩盤に含まれる天然ガス「シェールガス」が大量に取り出せるようになった。エネルギーの世界の革命といっていい。この数年で米国の発電に占める石炭の割合は55%から37%に減り、天然ガスに置き換わっている。近いうちに、米国かカナダ西部が、日本への天然ガス輸出で存在感が出てくるだろう。


原発比率、元に戻らぬ


福島第一原発の事故後の日本にとって、中心的な課題が原子力であることは明らかだ。日本の発電電力量に占める原子力の割合は、従来の目標としていた50%を目指すようなことはまずあり得ない。事故前の30%という水準も難しいだろう。ではどうするのか。…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から