TOPへ
RSS

先読み日本経済

[第11回]米国モデルをどう超えるか
ファンド資本主義の限界
渋沢 健 Ken Shibusawa コモンズ投信会長

 

ちょうど100年前、51人の民間人が海を渡って米国のシアトルに上陸した。日本初の大型「渡米実業団」の団長は「日本の資本主義の父」と後世に名を残すことになる渋沢栄一。3カ月をかけて米国大陸を横断しながら教育や福祉などさまざまな施設を訪問した。タフト大統領や発明王のエジソンなどと会談し、各界の実力者との交流を深めた。  

渋沢健氏
渋沢健氏

若き時代の栄一は、1867年のパリ万国博覧会に、日本の代表団員として参加する栄誉に浴した。日本に持ち帰った先進国の発展モデルの「先生」は欧州であった。

しかし、約40年後、栄一が日本の経営者を導いた訪問先は欧州ではなく米国であった。栄一は、米国の気力と行動力を評価して20世紀は米国の時代になると読んでいた。

21世紀の米国は様子がちょっと違う。同時多発テロやイラク戦争の失敗。さらに、市場が暴走した結果が招いた「100年に一度の危機」の反動で、政府の直接介入が増す時代へと激変した。

米国資本主義におけるインセンティブデザインは、市場に自由に参加できることから始まる。そこで能力と行動力を発揮する者に対しては、成功報酬が支払われる。成果が大きいほど取り分が増える。失敗したら報酬はないかもしれないが、またチャレンジができる。

アメリカンドリームの根本には、この極めて合理的な思想がある。それは米国から世界に広がり、「グローバルスタンダード」になったかにみえた。

(次頁へ続く)

渋沢健氏の略歴

しぶさわ・けん  渋沢栄一の孫の孫。 1961年生まれ。経営学修士(米UCLA)。83年、米テキサス大学卒業後、日本国際交流センターに入る。MBA取得後、JPモルガンやゴールドマン・サックス証券などを経て、米系ヘッジファンドに入社。01年に独立し、投資コンサルティング会社のシブサワ・アンド・カンパニー社長。08年に、コモンズ投信を創業し、会長に。著書に『巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」』(講談社BIZ)など。

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ