RSS

現場を旅する

[第104回]ベオグラード、破壊と再生繰り返す文明の十字路

中村裕 GLOBE記者





カレマグダン公園で売られていた旧紙幣
photo: Nakamura Yutaka
《ベオグラード》
セルビア共和国の首都。スラブ語で「白い町」を意味する。社会主義ユーゴスラビアの時代は連邦国家の首都にもなり、人口約160万の国際都市に発展した。

バルカン半島を横断し黒海へと注ぐドナウ川と、同じアルプス山脈を水源とするサヴァ川の交わる様が、霧にかすんでおぼろげに見えた。両河川を南東から見下ろすこの丘は、古代ローマ軍の駐屯地だった要塞(ようさい)跡だ。軍事上の要衝ゆえに、あまたの国が奪い合い、支配民族が交代したベオグラード。破壊と再生の歴史を象徴するこの場所から、街をぐるりと回ることにした。


要塞跡を含む一帯は、オスマン帝国が撤退した19世紀に「カレメグダン公園」となり、市の数少ない観光資源となっている。公園内を歩いていると、ゼロが11個並んだ紙幣が露店で売られていた。1993年に発行された5000億ディナール紙幣だ。当時、スーパーでワインがこの値段の3倍もしたという。


超高額紙幣も争いの産物だ。92年のボスニア・ヘルツェゴビナの独立宣言に端を発したボスニア内戦で、セルビアのミロシェビッチ政権はボスニア国内のセルビア人勢力を支援。この介入が国際社会の反発を呼び、国連の経済制裁によってハイパーインフレとなった。土産物になった紙幣もさしずめ「破壊と再生」の跡か。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示