RSS

世界のスポーツ

「王国」は再起できるのか? インドネシアのバドミントン

[第104回]

ダイハツインドネシアマスターズ」でプレーする男子ダブルスのマルクス・ギデオン(右)とケビン・スカムルジョ。

インドネシアの国技といえば、数多くの有名選手が輩出してきたバドミントン。ところが近年、実力に陰りが見える事態となっている。自国で開かれる今夏のアジア大会を前に、代表チームにはプレッシャーがのしかかる。(ジャカルタ支局長・古谷祐伸)



「ヤー! ヤー!」


インドネシアの首都ジャカルタで1月下旬に開かれた、バドミントンの国際大会「ダイハツインドネシアマスターズ」。数千人の観客が、地元選手がシャトルを打ち返すのに合わせて、声援を送っていた。自営業グレース・ムントゥ(27)は「バドミントンはこの国の誇り」と力を込めた。


インドネシアで最も人気のあるスポーツはサッカー。だが、国技として誰もが挙げるのがバドミントンだ。サッカーは弱いが、バドミントンは五輪などの国際大会で優勝した実績が多い。男子ダブルス選手のマルクス・ギデオン(27)とケビン・スカムルジョ(21)のペアは、世界バドミントン連盟のランキング1位だ。


そんな「バドミントン王国」の威光に影を落とす、衝撃的な事態が昨年5月に起きた。


オーストラリアで開かれた国・地域別対抗戦「スディルマン杯」。インドネシアの往年の名選手、故ディック・スディルマンを記念して1989年から2年に1回開かれ、国の威信もかかる大会だが、代表チームは格下のインドに敗れ、初めて予選リーグで敗退した。


「衝撃的だった」。チーム代表のアフマド・ブディハルトが国民に謝罪。ヘッドコーチでバルセロナ五輪の金メダリスト、スシ・スサンティも「個人的にこの結果について謝罪します」と述べた。スシに話をきいたところ、「主力選手の一部に故障者がいた。勝ちもあれば負けもある」と、なんとか前向きに考えようとしているようだった。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示