RSS

Webオリジナル

GLOBE×KADOKAWA「日本人が知らない日本食の世界」(お知らせ)※完売しました

世界を食べるマイケル・ブースがトークイベントに

『dancyu』編集長植野広生氏と対談

GLOBEで連載している「マイケル・ブースの世界を食べる」の筆者ブース氏が、「英国一家、日本をおかわり」を3月末、KADOKAWAから出版します。アニメ化もされた前作「英国一家、日本を食べる」の執筆から8年を経ての、待望の新作です。


これを記念するトークイベントを、4月6日(金)午後7時から東京・六本木のアカデミーヒルズで、KADOKAWAとの共催、アカデミーヒルズライブラリーの協力で開きます。ブース氏と向き合うのは、「『知る』はおいしい。」をコンセプトにする食雑誌『dancyu』の植野広生編集長。「日本人が知らない日本食の世界 英国人ジャーナリストと『dancyu』編集長が迫る」と題し、英国人も注目する日本食の技、伝統、現実に肉薄します。


【日時】4月6日(金)19時00分~20時30分(18時30分開場)

【場所】アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

【料金】1500円 (税込)

【定員】100名 ※自由席、先着順での受付です。お早めにお申し込み下さい。

【申込期限】3月31日(金)まで

【応募方法】ウェブサイトから。

Michael Booth 英国・サセックス生まれ。食と旅が専門のジャーナリスト。著書に、『英国一家、フランスを食べる』(飛鳥新社)、『英国一家、インドで危機一髪』(KADOKAWA)など。著書『英国一家、日本を食べる』(書籍、コミックとも亜紀書房)をもとにしたアニメシリーズが2015年、NHKで放送された。妻リスン、息子アスガーとエミルと共にデンマーク在住。

うえのこうせい。1962年生まれ、栃木県出身。法政大学法学部に入学。上京後すぐに、銀座のグランドキャバレー「モンテカルロ」で黒服のアルバイトを始める。その後、鰻屋や珈琲屋など多数の飲食店などでアルバイトを経験。卒業後は新聞記者や、経済誌の編集担当などを経て、2001年「dancyu」を発行するプレジデント社に入社、2017年4月に編集長に就任。趣味は料理と音楽。いまも「大きくなったらナニになろうかな」と真剣に考えている55歳。


この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (5) 「壁」のない世界は実現できるのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (5)
「壁」のない世界は実現できるのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (4) 移民に対して帰化を進めるべきなのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (4)
移民に対して帰化を進めるべきなのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (3) 国境は人権保障の手段なのだ 木村草太教授が登場

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (3)
国境は人権保障の手段なのだ 木村草太教授が登場

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (2) 「壁」にはどこかに抜け道がある(画像で紹介)

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (2)
「壁」にはどこかに抜け道がある(画像で紹介)

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (1) 日本人が知らない移民政策の秘策とは

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (1)
日本人が知らない移民政策の秘策とは

ホリフィールド教授語る(下) 壁のない世界は可能か

ホリフィールド教授語る(下)
壁のない世界は可能か

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示