RSS

Webオリジナル

【創刊からの9年】 「クスッと笑う余裕を」 イラスト手がける思い


 GLOBEの題字横にあるイラストを手がけているのは、イラストレーターの橋本聡(46)。横浜・山下公園近くにあるビルが創作の拠点だ。


 「世の中は皮肉や批判、時にはインチキであふれている。硬いテーマの特集を読んでも、クスッと笑う余裕がほしい。日曜日の朝の小さなアクセントになれば」



 自分自身を表現するアーティストと違って、クライアントに代わってわかりやすく表現するのがイラストレーターという仕事だと橋本は思っている。GLOBEはどんな人々にどんな情報を伝えようとしているのか。彼らに届くユーモアとは何か。考えを巡らし、題材を絞り出す。


 創刊時と時代は変わった。「今はネット上にイラストはあふれている。見る人の目も肥えている」と橋本。スマートフォンでネットニュースを読む時代、これからのGLOBEはどんなイラストとして描かれるのだろうか。



橋本聡(はしもと・さとし) 1971年横浜市生まれ。96年からフリーイラストレーター。国内外の書籍や雑誌、広告でイラストを描く。



【創刊からの9年】関連記事

【創刊からの9年】激動の日本と世界 どう向き合ったのか

【創刊からの9年】「俺たちは、普通に暮らしている」福島の高校生は今

【創刊からの9年】「国籍」「AI」「海外移住」今注目のテーマも

【創刊からの9年】「クスッと笑う余裕を」イラスト手がける思い

【創刊からの9年】Ⅰ 前大阪市長・橋下徹「トランプはパンドラの箱を開けた」

【創刊からの9年】Ⅱ ライフネット生命創業者・出口治明「世界はそんなに変わっていない」

【創刊からの9年】Ⅲ 中央大・宮本太郎「取られる税」からの転換、最後のチャンス

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (5) 「壁」のない世界は実現できるのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (5)
「壁」のない世界は実現できるのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (4) 移民に対して帰化を進めるべきなのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (4)
移民に対して帰化を進めるべきなのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (3) 国境は人権保障の手段なのだ 木村草太教授が登場

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (3)
国境は人権保障の手段なのだ 木村草太教授が登場

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (2) 「壁」にはどこかに抜け道がある(画像で紹介)

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (2)
「壁」にはどこかに抜け道がある(画像で紹介)

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (1) 日本人が知らない移民政策の秘策とは

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (1)
日本人が知らない移民政策の秘策とは

ホリフィールド教授語る(下) 壁のない世界は可能か

ホリフィールド教授語る(下)
壁のない世界は可能か

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示