RSS

Webオリジナル

近代建築の巨匠に「後輩」の実績奪った過去…現代の職場「あるある」~『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』

『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』より、アイリーン・グレイ役のオーラ・ブラディ © 2014 EG Film Productions / Saga Film © Julian Lennon 2014. All rights reserved.


シネマニア・リポート Cinemania Report [#68] 藤えりか


建築に少しでもかかわる人なら、その名を聞くだにひれ伏しそうな近代建築の巨匠、故ル・コルビュジエ。その彼が、同時代の家具デザイナーで建築家の故アイリーン・グレイをこれほどまでに妬み、彼女の作品を我が産物かのように扱っていたとは。現代の職場「あるある」にも似た確執を描いたベルギー・アイルランド映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』(原題: The Price of Desire)(2015年)が14日公開。グレイの研究家でアイルランド国立博物館キュレーターのジェニファー・ゴフに、東京でインタビューした。


今作は1920年代、フランスで家具デザイナーとして活躍していたアイルランド出身のグレイ(オーラ・ブラディ、56)が建築にめざめ、恋人の建築評論家ジャン・バドヴィッチ(フランチェスコ・シャンナ、35)と住むべく、南仏カップ・マルタンの海辺に理想の別荘「E.1027」を設計するさまから始まる。のちに「モダニズム建築史上の傑作」と称えられる建築物だ。2人と交流するル・コルビュジエ(ヴァンサン・ペレーズ、53)はE.1027を訪ね、40代で建築を始めながらたぐいまれな才能を発揮したグレイに驚嘆。嫉妬し、陰口を叩き、ついには無断で邸内に卑猥な壁画まで描いてグレイを怒らせる。バドヴィッチも彼女の名を設計者として雑誌に記さず、E.1027はすっかり「ル・コルビュジエの作」として知られるように。女性関係も絶えないバドヴィッチの元を去り、ひとり創作に打ち込むグレイ。第2次大戦でナチス・ドイツも攻め入り、E.1027にもドイツ軍の銃弾が撃ち込まれる――。

インタビューに答える、アイルランド国立博物館キュレーターのジェニファー・ゴフ=東京・上野の国立西洋美術館、関田航撮影

ゴフへインタビューしたのは、今作の試写トークイベントが開かれた東京・上野の国立西洋美術館。世界文化遺産に昨年登録されたばかりの国立西洋美術館は、ル・コルビュジエが本館を設計。建築史に残る彼の作品群は世界各地で称賛されている。そんな彼だからこそ、脅威と感じるほどの才ある女性が突如現れ、狼狽したということだろうか。レベルの高い「嫉妬」だが、職場をはじめ身近に置き換えてもありうることだ。


今作の監督・脚本を務めたメアリー・マクガキアン監督(54)は脚本執筆前の段階から、グレイを20年以上研究するアイルランド国立博物館のゴフの元を訪れ、グレイの個人的な書簡を含む記録にあたり、グレイやル・コルビュジエの世界中の専門家と連絡をとった。「だから映画は、とても正確なものとなった。ある部分はフィクションだけれども、E-1027をめぐるグレイの精神はとても正しく描かれ、ル・コルビュジエとの緊張関係も巧みに再現されている」とゴフは話す。

『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』より、アイリーン・グレイ役のオーラ・ブラディ © 2014 EG Film Productions / Saga Film © Julian Lennon 2014. All rights reserved.

ゴフは語る。「ル・コルビュジエも当時、スイスやパリで住宅の設計に取り組んでいたが、居間はE.1027のように間仕切りのないものでありながら、他の部屋との動線がよくない、ちぐはぐなものだった。一方、グレイのE.1027は部屋同士のつながりが見事。家屋を少し傾けて、どの角度からも日光が入るようにした。ル・コルビュジエは、建築家の自分が成し得なかったことをグレイが独学で成し遂げたと悟った」



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示