RSS

Webオリジナル

アフリカ移民2世のスターがあえてアメリカへ渡ったワケ~『あしたは最高のはじまり』

『あしたは最高のはじまり』より PHOTO : Julien PANIÉ



シネマニア・リポート Cinemania Report [#60] 藤えりか



西アフリカを後にした移民の息子は、フランスで国民的スター俳優となった。そして今、移民や人種をめぐる問題が渦巻くアメリカに敢えて移り住み、さらなる夢を描く。9日公開の仏映画『あしたは最高のはじまり』(原題: Demain tout commence/英題: Two Is a Family)(2016年)に主演したオマール・シー(39)に、電話でインタビューした。

『あしたは最高のはじまり』より PHOTO : Julien PANIÉ

オマール・シーを知らないという方も、日本で最もヒットした仏映画『最強のふたり』(2011年)で、体が不自由になったお金持ちの男性を軽やかに介護した貧しい移民の若者を演じたと聞けば、ピンとくるかもしれない。彼はこの作品で、フランスのアカデミー賞にあたるセザール賞の主演男優賞を受賞。仏週刊紙の読者投票では「最も好きな人物」のひとりに選ばれた。その後、米国の人気シリーズ『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014年)に『ジュラシック・ワールド』(2015年)、トム・ハンクス(61)主演作『インフェルノ』(2016年)やマイケル・ベイ監督(52)の『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017年)と、ハリウッドの大作に立て続けに出演している。


『あしたは最高のはじまり』は再びのフランス映画出演だ。南仏コートダジュールで気ままに暮らすサミュエル(オマール)の元に突如、かつて関係をもったという女性クリスティン(クレマンス・ポエジー、34)が現れ、「あなたの子、グロリアだ」と赤ん坊を置いて姿を消す。サミュエルは後を追ってロンドンに向かうが見つからず、言葉も通じず途方に暮れる。偶然出会ったTVプロデューサーの同性愛者ベルニー(アントワーヌ・ベルトラン、39)にスタントマンの仕事を紹介され、ロンドンの彼の自宅に居候しながら共にグロリア(グロリア・コルストン、12)を育てるうち、3人で「家族愛」を育んでゆく。そこへクリスティンが再び姿を現す――。

『あしたは最高のはじまり』より PHOTO : Julien PANIÉ

米国でもヒットしたメキシコ映画『No se aceptan devoluciones(原題)』(2013年)のリメイク。「オリジナル版を3~4年前に見たけれど、とても美しく詩的な作品だった。ためらうことなくこの役を引き受けたよ」とオマールは電話越しに語った。


フランスは「子どもを育てやすい国」として知られるが、サミュエルは偶然たどり着いたロンドンでそのまま、育児に奮闘し続ける。「彼は英語を話せず、コミュニケーションは娘を通してのみ。そうした異国の環境で子どもを育てるのがいかに大変か示したかった」

『あしたは最高のはじまり』より PHOTO : Julien PANIÉ

そう言うオマール自身、実生活でも「異国」である米ロサンゼルスで4人の子どもを育てている。「ロンドンは撮影として滞在しただけで、米国と英国どちらで育てるのが大変なのか、実際はよくわからない。ただ言えるのは、子どもを育てるうえで一番いい環境は、愛のあるところ。サミュエルがそういう場所を作ったようにね。医療面が充実しているかどうかは二の次で、どこにいようと、一番大事なのは愛だ」



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示