RSS

Webオリジナル

北朝鮮は本当に孤立しているのか

アフリカ研究者 白戸圭一 11

ミサイル開発はなぜ進んだのか

北朝鮮が公開した、移動式発射台に立つ「火星14」の写真

 10年も前の話で恐縮だが、毎日新聞の南アフリカ・ヨハネスブルク特派員だった筆者は2007年、北朝鮮の技術支援を得ている兵器工場がエチオピアに存在しているとの情報をある人物から入手し、エチオピアに取材に出かけた。

 この工場の存在は、国連安保理によっても確認されている。工場は首都アディスアベバの西約135キロの農村地帯に存在しており、名前を「Homicho Ammunitions Engineering Industry(HAEI)」という。1987年に設立され、北朝鮮技術者の指導の下、北朝鮮製をモデルとした弾薬、砲弾などが製造されている。

 厳重に警備された工場そのものにアクセスできるはずもなかったが、様々な関係者への取材から、北朝鮮がエチオピアに弾薬や砲弾の製造技術を提供する見返りに外貨を獲得している実態が浮かび上がった。


 北朝鮮の核・ミサイル開発の進展ぶりを見ていると、我々の「常識」が必ずしも世界の「常識」ではないことを改めて痛感させられる。

 日本のマスメディアの報道に接していると、北朝鮮は国際的に孤立しているかのような印象を持つ。北朝鮮のような「世界の孤児」が核・ミサイル開発に必要な技術や資金を入手できるはずはない、と思いがちである。

 だが、北朝鮮は、我々が思っているほどには孤立しておらず、世界の様々な国から技術や資金を獲得してきた。そうでなければ、膨大な資金を要する核兵器とミサイル開発が、ここまで進んだはずがない。


(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

アフリカ@世界 白戸圭一 「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ@世界 白戸圭一
「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ@世界 白戸圭一 テロは日本の脅威になるのか

アフリカ@世界 白戸圭一
テロは日本の脅威になるのか

アフリカ@世界 白戸圭一 北朝鮮は本当に孤立しているのか

アフリカ@世界 白戸圭一
北朝鮮は本当に孤立しているのか

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示