RSS

Webオリジナル

リヨンに漂う不安

欧州はどこへ――岐路のフランス大統領選を追う

遠藤乾・北大教授の現地報告(1)





パリから新幹線で2時間。冬の古都リヨンはどんよりと曇っている。

リヨンの風景。旧市街は世界遺産に登録されている=国末憲人撮影、以下も


去る2月4-5日、フランス大統領選挙の主だった候補者が集結した。第1回投票における支持率でトップを走っていた国民戦線(FN)党首のマリーヌ・ルペンは、必ずしもFNの地盤が盤石でないリヨンを、選挙戦キックオフの場所に選んだ。彼女を追走する他の候補者のうち、スキャンダルの火の粉をのけるのに忙しい中道右派のフランソワ・フィヨン元首相は姿を見せなかったものの、中道のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相、ジャン=ルック・メランション元職業訓練相が、同じ場所、同じ週末、彼女に挑戦状を叩きつけにやってきた。


駆け足の取材でもわかることがある――熱気だ。

リヨンで開かれた国民戦線の大統領候補マリーヌ・ルペンの集会


ルペンの集会は、周到に準備され、組織されていた。海を意味するマリーヌにひっかけ、ブルーで統一された会場では、次々と有力支援者が壇上で演説し、フリンジでは笑顔を振りまいた。「フランス文明をイスラームやブリュッセルから守れ」とお定まりの掛け声がかかると、時折スタンディング・オベーション。3000人ほどの参加者であろうか、それなりに盛り上がっていた。

マリーヌ・ルペンの決起集会で演説する姪の国民議会議員マリオン・マレシャルルペン

しかし、それなり、である。私は、民衆の不満のマグマがほとばしるような、そんなイベントをどこかで期待していた。スキンヘッドのおじさんたちに囲まれたりするのかもしれないと、かすかに警戒していた。もうずいぶん前になるが、北イタリアでネオ・ファシスト右翼の国民同盟(Alleanza Nazionale)の集会を覗いたとき、一目見て近づきすぎてはいけないと悟る「ヤバさ」があった。リオンにはそういう雰囲気はみじんもない。あえて言えば、それは、若干活気のある学会のようだった。


対照的だったのが、マクロンの決起集会である。総勢15000人ともいわれる参加者は、大きなスポーツ会場をはみ出し、外のスクリーン前で歓声を上げていた。

エマニュエル・マクロンの集会。欧州連合旗が振られる


会場の中では、どこから降ってわいてきたのかと思うような、にわかサポーターたちが所狭しとひしめき合い、数年前まで無名だったマクロンに、老若男女のプログレッシブ(進歩派)が希望を見出していた。




決起集会で演説するエマニュエル・マクロン氏

マクロンの演説は2時間も続いた。しかし自身をかの国の輝かしい自由・平等・博愛の歴史に位置づけ、堂々と開放経済とヨーロッパ統合を謳いあげ、とうとうとこの選挙を歴史的意義を語る彼に、みな魅了されていた。ここだけ見れば、勝負あったの感をだれもがもっただろう。


マクロンはFNに辛辣だった。そのキャッチフレーズが「人びとの名の下に」であるのを揶揄し、実はそれは「父から娘へ、娘から姪へ語り継がれるにすぎない」と、(大統領候補だった先代の)ジャン=マリ、マリーヌ、そしてマリオンというルペン一族で継承されるFNの実態を指弾したのだった。聴衆は多いに沸く。

国民戦線の副党首フロリアン・フィリポ


しかし翌日、ルペンの懐刀フロリアン・フィリッポはすぐさま反撃に出た。「マクロンは「銀行家の名の下に」語るにすぎない」と記者団に刻印する。マクロンが、国立行政学院(ENA)卒業後、大蔵省に勤務し、のちにロスチャイルド銀行に転じた事実を、できるだけ庶民にすりこむのだ。


街に戻る。タクシーの運転手は、そのことはもうとうにご存知であった。「マリーヌは我々の仲間。マクロンは銀行家だろう。いまは保護主義が必要だ。マリーヌに入れる。」もう一人は、「皆同じ。フィヨンもマクロンもエリート政治家稼業。マリーヌは違う。」


他の多くのひとははっきりとは語らない。そのどのくらいが、いわゆる「隠れル・ペン(支持者)」なのだろうか。


雨の混じる会場の外に広がっていたのは、深い不安だった。

(文中敬称略)


〈予告編〉 遠藤乾・北大教授の現地報告が始まります

遠藤乾・北大教授の現地報告(2) 若く明るい極右―FNの町エナンボモン

遠藤乾・北大教授の現地報告(3)傷んだ地方都市―ルーベの長い黄昏

遠藤乾・北大教授の現地報告(4)高炉の火が消える―鉄冷えの町アイアンジュ

遠藤乾・北大教授の現地報告(5)ルペン王国の内側で―エナンボモン再訪

遠藤乾(えんどう・けん)

北海道大学大学院法学研究科・公共政策大学院教授。専門は国際政治、ヨーロッパ政治。1966年東京生まれ。オックスフォード大学政治学博士。欧州委員会内諮問機関「未来工房」で専門調査員としても勤務し、欧州大学院大学政治社会学部フェルナン・ブローデル上級研究員、パリ政治学院客員教授などを歴任した。現在は朝日新聞論壇委員も務める。著書に『統合の終焉 EUの実像と論理』(岩波書店、読売・吉野作造賞受賞)、『欧州複合危機』(中央公論新社)など、編著に『ヨーロッパ統合史』『原典ヨーロッパ統合史――史料と解説』(いずれも名古屋大学出版会)などがある。


この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (5) 「壁」のない世界は実現できるのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (5)
「壁」のない世界は実現できるのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (4) 移民に対して帰化を進めるべきなのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (4)
移民に対して帰化を進めるべきなのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (3) 国境は人権保障の手段なのだ 木村草太教授が登場

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (3)
国境は人権保障の手段なのだ 木村草太教授が登場

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (2) 「壁」にはどこかに抜け道がある(画像で紹介)

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (2)
「壁」にはどこかに抜け道がある(画像で紹介)

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (1) 日本人が知らない移民政策の秘策とは

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (1)
日本人が知らない移民政策の秘策とは

ホリフィールド教授語る(下) 壁のない世界は可能か

ホリフィールド教授語る(下)
壁のない世界は可能か

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示