RSS

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

語り過ぎないデザイン

深澤直人(工業デザイナー)

デザイナーは語る 6




2月5日発行のGLOBE189号は巻頭で「デザイン」を特集します。紙面に先立ち、私たちの取材に対して、熱く語ってくれたデザイナーの言葉をご紹介します。6回目は、工業デザインの第一線で活躍し、「無印良品」のアドバイザリーボードも務める深澤直人さん。大量生産・大量消費の時代からモノをシェアする時代へ。そんな時代の移り変わりは、デザインの役割をも変えたのでしょうか。






1本の線を描くとします。人は、僕が描いた線を見て「なんでその線がわかるの?」と驚くかもしれません。その人の無意識にある適切な解を探り当てるからです。見えていないけど存在している答えがある。それを探し出すことがデザイナーの仕事だと考えています。


僕はあるときから人の心を刺激するのがデザインだと思うことをやめることにしました。物欲をあおり立てるデザインは語り過ぎではないかと思ったからです。誰がデザインしたものなのかといった作家性も排除します。人の心の内から生まれ出た作家らしさというものは、ともするとエゴのようなものになってしまうんですよ。


俳句も似ていると思うんです。自分の心情を語るのではなく、風景や現象をうたったほうがいい。客観写生です。たとえば「岩にしみ入る蟬の声」によって「閑さ」という芭蕉の心情に導かれ、人は深く共感するのではないでしょうか。その心情をエゴと受け取る人はいないでしょう。


「無印良品」は、そういう思想のもとにデザインされています。


無印良品 / 壁掛式CDプレーヤー
Photo:Hidetoyo Sasaki

配車サービス「ウーバー」もそうですが、モノを所有するのではなくシェアすることが理にかなう時代になりました。テレビもスマホも、その「額縁のカタチ」を競うのは無意味です。そんな時代状況も、デザイナーの役割の変化を促しています。アップルのジョナサン・アイブを筆頭とするデザインチームがスティーブ・ジョブズの考えをカタチにして成功したように、経営者のビジョンを可視化することでビジネスを助ける仕事はその変化のひとつです。


ただ、デザインを決定するものは自分の作家性ではないとしても、やっていいこととやってはいけないことの区別をつけるのはデザイナーです。デザインは、巨大なタンカーの向きを変える小さなスイッチのようなものです。それだけ大きな力を持っている。その自覚が問われることは今も昔も変わりません。


(構成・中村裕)

マルニ木工 / HIROSHIMA
Photo: Yoneo Kawabe


ふかさわ・なおと

1956年、山梨県生まれ。80年多摩美術大学卒業。89年に渡米し、デザインコンサルティング会社IDEOに勤務。96年、IDEO日本支社を設立。2003年に独立し、Naoto Fukasawa Designを設立。無印良品の「壁掛式CDプレーヤー」はニューヨーク近代美術館永久収蔵品に。14年から多摩美術大学教授。著書に『デザインの輪郭』(TOTO出版)など。

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から