RSS

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

「シネマニア・サロン」を開催

GLOBE読者イベントを1月8日に渋谷で

テーマは「ブラックムービーと戦争」

GLOBEウェブサイトで連載中の「シネマニア・リポート」。筆者の藤えりか記者がみなさんと語る「シネマニア・サロン」。1月8日午後、東京都渋谷区神宮前6丁目の朝日新聞社メディアラボ渋谷分室で開かれました。4回目を迎えた今回のテーマは「ブラックムービーと戦争」。約30人の参加者と、活発なやりとりが展開されました。






最近のシネマニア・リポートで取り上げた、ジャズの帝王、故マイルス・デイヴィスの空白期を描いた『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』(原題:Miles Ahead)や、日本を含む国外での公開が取りやめとなった米映画『バース・オブ・ネイション』(The Birth of a Nation)のほか、デンマーク・ドイツ映画『ヒトラーの忘れもの』(原題:Under sandet/英題:Land of Mine)などを題材に、映画製作をとりまく現状や社会的な背景を語り合いました。



藤記者は、インタビュー映像や、スカイプ音声もまじえてシネマニア・リポート取材時の裏話を披露。トークの合間には、映画にまつわるクイズもあり、正解者には豪華(?)プレゼントが出て会場は盛り上がりました。




シネマニア・サロンは随時開催します。開催はこちらでおしらせします。

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から