RSS

Webオリジナル

岡田武史さんに聞く中国サッカー事情


サッカー日本代表の監督を務めた岡田武史さんは2012年、13年のシーズンに、中国のスーパーリーグ「杭州緑城」の監督を務めた。中国人選手だけでなく、ファンからも厚い信頼を得た岡田さんに、中国のサッカー事情について聞いた。(聞き手・平賀拓哉)




photo:Senba Satoru

――海外の選手を高額で獲得している中国のサッカーリーグをどう見ていますか?

あれだけ世界中の有名な選手や監督が来ているというのは、決してネガティブなことじゃない。日本だって最初Jリーグができたとき、ジーコだ、レオナルドだ、リネカーだとやって来た。やっぱりそういう選手が来たら僕だって見たいもん。「爆買い」とバカにするんじゃなくて、買えるんだったら決して悪いことではない。アジアだとまだまだ、良い外国人選手を当てるかどうかで勝負が決まる。だからアジア・チャンピオンズ・リーグでも中国チームが勝ってきている。


――中国人選手のレベル

外国人選手に引っ張られて、僕がいたときよりも確実に上がってきていると感じますよね。


僕が監督をしていた杭州緑城では、若い子のセンスや技術は日本人以上ですよ。当時U18(18歳以下)の中国代表監督をしていたオランダ人が「オランダにもこんな奴らいないよ」って言うくらい。すごい才能を持っている。

だけどメンタルとか考え方とかの面で、ひとりっ子で可愛がられてスーパースター扱いされてきたせいか、ちょっと逆境になるとだめだったり、「闘え!」って言ったらキレちゃってけんかになっちゃったりする。


杭州緑城でも活躍しだしている若手選手が何人かいるけど、やっぱりそこまで輝かないんだ。ちょっとお金をもらったら酒に溺れたり遊んだりとか。要するに今まで完全に管理されているじゃない。ぜんぶ命令されて、言われたことはきちんとやれるけど、プロとしての自覚みたいなものがまだないんだよね。日本もJリーグができるまではそうだったんだよ。ジーコとか、すごく節制して、プレーをベストでやるための準備をしていくんだって。それで変わっていったんだよね。


――杭州緑城では、どんな問題点がありましたか

最初、とにかくみんなが僕に贈り物を持ってくるわけですよ。お茶とか焼き物とか、金の延べ板に論語が刻んであるものもあった。でも僕は受け取らず、実力で選んでいた。それであるベテラン選手が中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に「今の若い奴はうらやましい。監督にお金を渡したり贈り物をしたりしなくても、力さえあれば試合に出られる」と書いて、大騒動になった。


ある中国のコーチが代表チームの選手選考についても、「昔は代表に選ばれるのに金を払った」「同じ省出身の人脈があるから選ばれた」とか言っていた。結局、フェアなマーケットがないから、移籍するにも自分と同じ出身地のコーチがいるところとか、そういう人脈で移籍していく。今は外国人監督が多くなったから、そんなにないと思うけど。


――選手はどのように生活していたのですか

みんな寮に入って、起床も食事も全部管理されていた。そうすると練習も、義務なんですよ。サッカーを楽しむっていう心がまったくない。僕が最初に来たときも、「15分前から全員そろってます」っていうからグラウンドに行ったら、長いすに全員座ってるのよね。日本だったら早く着いたらリフティングとか、ボールを触るとかするけど、練習が終わってもみんなで遊んでいる。だけど彼らにとっては義務だから練習はそれなりにやるんだけど、終わったらさーっと帰っていく。


僕は「サッカー始めたときは好きで始めただろ? それを思い出せ。そうでないと絶対にうまくならないよ」って言い続けた。1年半くらいしたら、みんなが残ってキャッキャッてボールを蹴るようになった。


だから入寮を自由にした。サッカーなんて、自己管理ができなかったらできないんだから。「『中国人は違う』というけど、俺はそうは思わない。同じサッカー仲間だから、俺はお前たちを信じる」と言った。


――うまくいきましたか

スタッフから「そんなことしたら、大変なことになる」って言われたけど、本当に大変なことになった。試合前日、試合会場に近いホテルに泊まることにしたら、抜け出して朝まで遊んでいた選手が5人くらいいると報告された。


全員集めて、「俺は信じていたけど、裏切った奴がいたらしい。裏切った奴は俺のところに言いにこい」と伝えたら、コーチから「監督、何を言っているんですか。そんなの言いに来る中国人はいませんよ」と言われた。ところが5人とも来た。みんな泣きながら。だから「俺を裏切ったけど、もう1回だけチャンスをやる。もう1回裏切ったら、絶対に許さない」と伝えた。


ところがその後、一人がまた同じことをやった。「もうお前は二度と来るな。給料全部やる」といってクビにした。そういう事件みたいことが何回もあって、みんなだんだん理解して。


(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (5) 「壁」のない世界は実現できるのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (5)
「壁」のない世界は実現できるのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (4) 移民に対して帰化を進めるべきなのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (4)
移民に対して帰化を進めるべきなのか

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (3) 国境は人権保障の手段なのだ 木村草太教授が登場

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (3)
国境は人権保障の手段なのだ 木村草太教授が登場

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (2) 「壁」にはどこかに抜け道がある(画像で紹介)

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (2)
「壁」にはどこかに抜け道がある(画像で紹介)

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (1) 日本人が知らない移民政策の秘策とは

GLOBEシンポ「壁が世界を分断する?」をがっつり伝える (1)
日本人が知らない移民政策の秘策とは

ホリフィールド教授語る(下) 壁のない世界は可能か

ホリフィールド教授語る(下)
壁のない世界は可能か

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示