TOPへ
RSS

ニュースの裏側

[第33回]

フリーメイソンの被災地支援 イメージ改善につながるか

宮地ゆう Miyaji Yu(GLOBE記者) 三浦英之 Miura Hideyuki(仙台総局記者・南三陸駐在)

 


 

おどろおどろしい「秘密結社」として描かれてきた「フリーメイソン」の日本支部が、東日本大震災の被災地で支援活動をしている。世界各地の会員から集めた寄付をもとに、被災地に水や食料を届け、津波で流された寺を再建。漁師への漁船の寄贈にも乗り出した。「日本のフリーメイソンのイメージを変えたい」という日本支部。狙いは成功するか―。

 


 

いまもがれきが積み重なる宮城県南三陸町の沿岸から少し山側に入ると、真新しい寺の本堂が見えてくる。曹洞宗の西光寺だ。津波で本堂や墓の一部が流されたが、4カ月後の7月には、再建を果たした。


震災直後、住職の小沢良孝は途方にくれていた。がれきになった本堂の中から、近所の人たちが本尊を救い出してくれたが、周辺の檀家も被災で大きな痛手を受け、本堂の再建費用はめどがたたない。
そんなとき、地域の曹洞宗のまとめ役で宮城県気仙沼市の峰仙寺住職をつとめる千葉省三から、「援助の申し出がある」という話が入った。資金の出し手は、「フリーメイソン日本支部」だという。


フリーメイソンといえば、日本では「世界を裏で操る秘密組織」といったイメージで語られることが多い。書店に並ぶ本やネット上のサイトには、「世界経済を牛耳る闇の組織」「国家転覆を狙う」「9.11同時多発テロに関わった」といった根拠の定かでない「都市伝説」的なストーリーが出回っている。


再建され落慶式が行われた西光寺

住職の小沢も最初は少し驚いたが、「この状況で助けてくれるところなら、どこの申し出でもありがたい」と援助を受け入れた。

 

フリーメイソンは再建費用約2400万円のうち、900万円を寄付。7月13日の落慶式には、曹洞宗の僧侶や近隣の住民などに交じり、ダークスーツに身を包んだ数人のフリーメイソンの会員たちの姿もあった。

 

「これで震災で亡くなった人たちの供養もできる。お盆の前に本堂ができて、住民にも安心感が生まれたようだ」と小沢は話す。


フリーメイソンと西光寺の橋渡しになったのは神奈川県横須賀市で造船所などを営む北条茂だ。まだ水不足だったこの町に水を配りに行き、そこで知り合った峰仙寺の千葉から、西光寺をはじめ津波で流された寺がいくつもあると聞いた。

 

寺再建はメイソン精神に合致 神を信じるなら宗教は問わず

同じころ、北条はフリーメイソン日本支部のグランドセクレタリー(事務局長)を務めるフィリップ・アンブローズから、震災の支援ができないかと相談を受けていた。


「10年前、フィル(フィリップ)さんの船を直したことで知り合ったんです。大震災後、フィルさんがフリーメイソンとして何かしたいというので、南三陸町の話をした。私は会員ではないですけれど」
アンブローズは北条とともにペットボトル4万本の水を持って南三陸町を訪ね、千葉や小沢の話を直接聞き、寺再建の支援を決めたという。


アンブローズの元にはアメリカ、カナダ、香港など世界各地の会員からの寄付が1200万円ほど集まっていた。「会員の条件の一つはどんな宗教であれ、神の存在を信じていること。地域の人々のよりどころとなっている寺の再建とフリーメイソンの考えは重なっていた」と話す。


日本支部は、その後も気仙沼市で飲み水や5000人分の食料を届けたりと支援を続けた。物資を運んだ車には大きく日本語と英語で「フリーメイソン」の横断幕をつけ、そろいのジャンパーを着た。

「日本でここまで表だって外に出たのは初めてのことだった」という。

 


(文中敬称略)

 

(次ページへ続く)

 


朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長 新創刊のあいさつ

このページの先頭へ