RSS

世界の食を訪ねて

今日は言わせてもらいます 撲滅したいレストランの罪

[第19回]マイケル・ブースの世界を食べる

Kitamura Reina




2カ月前に本欄でレストランへの愛を語ったブースさん。実はあれは本心ではなかったそうです。今回は心の扉を全開にしました。



2カ月ほど前、私はこの欄でレストランを褒めたたえた。どこか一つの店でなく、あらゆるレストランを。レストランにこそ私が外食を愛する理由があると。


正直に言うと、あれは本心から書いたわけではない。本当に書きたかったのは外食の時に味わうむかつくことや不愉快なこと、レストランから撲滅したいあれこれだった。


私を歯ぎしりさせ、一晩を台無しにする類いの経験。しかし、結局は書かなかった。その日机の前に座ると、亡くなった祖母の言葉が頭の中に流れ込んできたのだ。「マイケルや……」。子どもがよく言われる小言(野菜を食べなさいというような)に続けて祖母は言った。「いいことが言えないのなら、何も言ってはいけないよ」


それはこれまで守ろうとしても、ほとんどうまくいったためしがない教えだ。しかしあのときだけは、どういうわけか違った(きっと読者の皆さんに、優しくて慈悲深い人間だと思われたかったのだろう)。


あのコラムを書きながら、なんとか祖母の言葉を胸に刻み、積極的に変わろうとした。しかし人間が本性を抑制できる時間はたかが知れているし、世の中には「レストランの憂鬱」があまりにも多い。今こそここに私のトップ10を紹介します。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示