RSS

世界の食を訪ねて

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出すと恥ずかしい?「食の流行」追うより直感を

[第15回]マイケル・ブースの世界を食べる



photo: Kitamura Reina




当時は最先端だと思っていたけど、いま振り返ると恥ずかしい―。

ファッションではありがちなこんな経験、実は食べ物にもありませんか。



レーガンが米国の大統領だったあの頃、私はおしゃれをあきらめた。そう思わせるような写真があったのだ。


写真というものは、背景や説明なしにある瞬間の断片を閉じ込めて、それを未来永劫示す。そこに写る人がなぜストーンウォッシュのデニムや大きすぎるスニーカー、巨大な肩パッドなどをいいと思っていたのかを的確に伝えることは到底できやしない。そこにはただ、流行を追うのに必死の愚か者がさらされるばかり。


さて私が言いたいのは、1984年頃に撮った古い写真に写る自分がバンド「ヘアカット100」のメンバーのようないでたちだったもので、ちょっと恥ずかしくなったということである。


食べ物についても同じこと。食の流行は、追わない方が無難だ。わが人生、今となっては弁明に困るようなものもたくさん食べてきた。


たとえば80年代に一大ブームを巻き起こした、バルサミコ酢を煮詰めたソース。逆流してきた胃酸のような味、こぼれた重油のような見た目の代物を、人はなぜ欲するというのだろうか。


そして世界中のシェフは90年代、なぜ皿の中央にちょっとしたタワーのように料理を盛りつけることを自らに課したのか、だれか教えてくれないだろうか。座ろうとするたび目に刺さりそうになったものだ。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から