RSS

世界の食を訪ねて

ほっこり温か。気分は'hygge' 幸せになる北欧の魔法

[第7回]マイケル・ブースの世界を食べる



ワインに浮かぶ人魚と炎。
Photo: Semba Satoru



デンマーク人は「世界一幸福な国民」だという。秘密は「ヒュッゲ」という魔法の言葉にあるらしい。暖炉、お酒、煮込み料理、家族や友人とのつきない会話。

日本の食卓でヒュッゲを味わうには─



笛を吹くように、唇をすぼませて言ってみよう、「ヒュッゲ(hygge)」。おめでとう、あなたはいま、デンマーク語を話している。いまやアメリカでもイギリスでも、口をすぼめて言い合っているこの言葉、怒濤の勢いで巷を席巻、欧米ではクリスマスまでにあと9冊は関連本がお目見えするだろう。


中には大げさなものも多く、ヒュッゲを新たな健康ネタとして位置づける向きもあるが、本来の意味は、単にくつろげる雰囲気をつくること。わざわざ本を読むまでもない。デンマーク人は、それにかけては世界一なのだ。


それもそのはず、私の住むデンマークの冬は実にひどい。寒さや雪のせいではない。ただうんざりするほどどんよりしているのだ。10月中旬ともなれば分厚い雲が頭上を覆い、春まで晴れる気配を見せない。デンマーク国民の抗鬱(うつ)剤摂取量がOECD加盟国の中でつねに上位というのもうなずける。


幸運なことにみなさんの国は、冬もそこまでつまらなくはない。それでも、屋外が心躍るものでない冬の数カ月間、デンマーク人がいかに身を寄せ合って過ごすのか、参考にしていただけると思う。


多くは食べ物に関係する。自国の料理が洗練されていると言い難いのはデンマーク人も認めるところだが、中には雨の日曜にぴったりのレシピもあったりする。



…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示