RSS

世界の食を訪ねて

おいしい残留、ほろにが離脱?“Brexit”と英国の食卓

[第5回]マイケル・ブースの世界を食べる


英国を二分した国民投票から1カ月半。なぜかくも意見が分かれたのか?英国生まれの食の専門家である筆者が、「EU離脱」を食卓から読み解く。


photo:Semba Satoru


英国は決断した。スパム(缶詰ハム)とくたくたのニンジン、スープ缶とフィッシュフィンガーで帰結したのは「食」だった。52%の離脱派は、EU離脱に票を投じることで、大陸の隣人たちに、自分たちが「何を食べたいか」を明確に示したのだ。


「オリーブオイルとバゲットはまあいい。フェタ(ギリシャの羊やヤギ乳のチーズ)でも詰めておけ。シュニッツェル(ドイツのカツレツ)やスモーブロー(デンマークのオープンサンド)なんて願い下げ、レシュティ(スイスのポテトパンケーキ)にくさいチーズもご勘弁。トルテリーニ(イタリアのパスタ)にタパス(スペインの小皿料理)もうんざりだ。我々は加工肉と缶詰野菜がすべての1950年代に戻りたいんだ。それはそうと、キミ、ニンニクくさいぞ」


冗談はさておき、英国民がどちらに投票したのかと、彼らが何を食べているかには明らかな相関関係があるのは確かだ。英国内に存在する経済格差がもっとも顕著に表れるのは人々の夕げの食卓である。


大ざっぱに言ってしまうと、移民の割合が多かったり(離脱派の反移民キャンペーンにもかかわらず)、経済的に恵まれていたり、他の欧州諸国へのアクセスがよかったりする地域ほど、残留に票を投じている。


言い換えれば、日頃から異国の料理に親しみ、良質で新鮮な食材を買う余裕もあって、欧州内をしょっちゅう往来しているような人々は、これまで通りの外とのつながりを保とうとした。対して、離脱に票を投じた人々の中には、ただでさえ低い収入が減り続け、1回の夕食を10ポンド(1400円)以下に収めるため、大手スーパーのとらわれの身となって栄養価の低い大量生産の加工食品を食べるよりほか選択肢がない人たちがたくさんいる。無知ゆえ、あるいは経済的事情ゆえに、食の多様性や健康的な食生活といった発想とは無縁の人も多い。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示