RSS

世界の食を訪ねて

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

1日10時間野外労働、時給は115円――カンボジアの屋台店主は生活できるのか?

もりぞおの『サムライカレー、世界を喰らう!』[第6回]


1日10時間野外労働。時給は115円!

こんな労働条件をみて、皆さん、なにを思うでしょうか?

今回は、カンボジアの屋台の店主の「お金」について考えてみましょう。


カンボジアの通貨はリエルです。が、国内市場で流通するお金の8割以上はUSドルです。

本記事では分かりやすいように、全て1USドル=105円で日本円換算しました。


前回、カンボジアでラーメンを作るのには、日本よりも原材料費がかかるというお話しをしました。

それ故に、プノンペンでラーメンを売るのに、日本と大差ない700~1000円の値段をつけなくてはならず、月収が1万~2万円の一般的なカンボジア市民にはなかなか売れません。


それでは、その「一般的なカンボジア市民」は普段、どんなものを食べているのでしょうか?


まず、家族で暮らしている普通のカンボジア人は、一般的に自宅で食事をします。1キロ60円(日本の5分の1くらいの値段の米を大量に炊き、市場で買ってきた野菜と鶏肉なんかを煮たり焼いたりした料理を作れば、1人1食あたり30円もかかりません。



ちなみに、カンボジア料理は、タイ料理=トムヤムクンやグリーンカレー、 ベトナム料理=フォーや生春巻き みたいな有名な料理はないのですが、野菜や肉をシンプルに炒めた料理などが多く、日本人の口にも合います。


そして、米が安く、肉などが高いからか、カンボジア人はとにかく米をよく食べます。カレーでも、ルーと米の割合が我々とは大きく違い、日本人が普通に食べると米が大量にあまることになります(カンボジアでローカルの食事をする人は、ふりかけ持参をおすすめします!)


じゃあ、一般的カンボジア人は外食をしないのか?というと、プノンペンの人たちは普通にします。街のいたる所には屋台や、半屋台の壁のないレストランがあり、いつもたくさんの人が集まっています。


そんな屋台で売っている食べ物の値段は、1食あたり50~200円程度。安いです。

例えば、肉や野菜を甘辛く炒め、チリソースをかけて挟んだケバブ。これは、90円くらい。



このお店、ひっきりなしにお客さんが来ているわけでもないですし、客単価も安い。こんなのでやっていけるんでしょうか?

と、いうわけで、実際に店主の方にお話しを聞いてみました。

プノンペン市内の、学校の前で屋台でケバブを売っているおばちゃんです。



「こんにちは。ケバブおいしいです。よく食べにきています」

「ありがとう! ここの生徒だけでなく、あなたみたいな外国人もよく食べてくれるわ」

「だいたい1日に何人くらいお客さんが来るんですか?」

「うーん。だいたい30人くらいかな。多いときで50人くらい」


1日に10時間くらい営業しているので1時間あたり3人程度。まあ、私の感覚でもそんなもんかなという感じです。基本暇そうなので。

だいたいのお客さんはケバブを1個買って帰る。たまに2個以上買う人もいるので、客単価100円として1日の売上は3000円から5000円くらいです。


「ちなみに、このケバブ、1個作るのにどれくらい原価がかかるんですか?」

「うーん。ちゃんと計算していないから正確には分からないけど、だいたい50円くらいかな。売値の半分よりちょっと上くらいよ」


――衝撃の、原価率50%以上!



日本の飲食店では一般的に原価率は30%程度といわれています。例えば、900円のランチを食べたとしたら、その料理の原材料費は300円くらいです(それ以外に、お店の賃料やスタッフの給料などがかかるので、それくらいとらないと経営できません)


そして、「俺のイタリアン」などのお店が「原価率40~60%の異形の経営!」と呼ばれているわけですが、カンボジアではそんな形態が普通に存在しているのです。


「俺の〜」は高回転率(1日にたくさんのお客さんが入ること)で経営を成り立たせているのですが、この屋台はどうなのでしょう?


先ほどお伝えしたとおり、1日の売り上げは3000~5000円。普段は3000円程度ということなので、とりあえず、3000円で計算してみましょう。


営業日数は月~土の週6日。月に26日くらい稼働します。

すると、総売り上げは、3000×26=7万8000円です。原価率が55%だとすると、粗利は3万5100円ということになります。


「この屋台で、材料費以外にお金はかかるんですか?」

「ここに屋台を出させてもらうのに月5000円くらい払ってるわ。あとは、この包み紙とか電気代くらいね」

ちなみに、包み紙は、ただのA4のコピー用紙をホチキスで留めた物です。



と、いうわけで、1ヶ月間、週6日、毎日10時間ケバブを焼いて、利益は約3万円ということになります。時給115円。ちょっと我々日本人には真似できません。


とはいえ、カンボジア人目線で見るとそれほど悪いわけでもありません。

先ほども書いたように、一般的なカンボジア人の月収は1万~2万円といったところです。つまり、この店主は、その1.5倍を稼いでいるわけです。


「料理をするのは好きだし、ここでこの椅子に腰掛けて、生徒たちが登校したり、車が走ってたりするのを見るのも好き。たまに、ケバブをつくるだけでいいんだから、いい仕事なのよ」


たしかに、1時間に3人くらいしか人が来ないので、労働時間は1時間あたり6分くらいです。あとの54分は、椅子に座ってくつろいでいる。結構贅沢な時間の使い方をしているのです。


カンボジアには、こんな感じでのんびりとやっている屋台や小さなレストランがたくさんあります。1日に何百個も売れている繁盛店もありますが、ほとんどの店は、こんな感じにのんびりとやって、それなりに生活費を稼いでいるのです。


そんな国なので、日本人が現地人相手に商売をするのは大変です。

ライバルは、月の利益目標3万円を目指して、原価率50%超えでのんびりとやっています。少なくとも月に20万円くらいは稼ぎたい日本人は、同じ土俵には立てないのです。


このように、生活費が安いということは、生活するには非常にいいのですが、事業をするにはなかなか大変なのです。

がんばれ、日本料理屋の経営者!(と、私)


(次号に続く)



【筆者紹介】



森山たつを


早稲田大学理工学部、日本オラクル、日産自動車、ビジネスクラスで世界一周旅行などを経て、日本人が海外で働く方法を研究する「海外就職研究家」となる。


海外就職に関する書籍、記事などを執筆する傍ら、日本人が苦手としている「外国人とのコミュニケーション」「失敗前提でのチャレンジ」「リアルなビジネス」を体験する研修プログラム「サムライカレープロジェクト」(http://samuraicurry.com)を運営。カンボジア・プノンペンにあるカレー屋を使っての研修プログラムは、既に120人以上の卒業生を輩出している。


主な著書に「セカ就!世界で就職するという選択肢」(朝日出版)、「普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド」(東洋経済新報社)などがある。


連載:もりぞおの『サムライカレー、世界を喰らう』

 第1回:カンボジアでカレー屋を作ったら、カンボジア人がカレーが嫌いだということがわかりました

 第2回:カンボジア人に「カレーを美味しくしてくれ」と頼んだら、彼女は練乳に手を伸ばした

 第3回:カンボジア人が好きなカレーを作るために、カンボジア人の家に突入してみた

 第4回:「当店の『たこやき』はイカを使用しております」―カンボジア水産事情

第5回:「飲食店泣かせのカンボジア、物価は安いが、原価は高い」

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から