RSS

トイレから愛をこめて

アメリカの厳しい節水基準/TOTO USA前社長に聞く







洗浄水量がひとめでわかる米国コーラーの便器
photo:Tadama Emi



渇水に悩むアメリカのカリフォルニア州やテキサス州では、トイレの便器にも厳しい節水基準が設けられている。アメリカ市場の現状について、TOTOUSAの前社長で、TOTO国際事業統括部長の野方大二朗さん(50)に話を聞いた。(聞き手・田玉恵美)





野方大二朗さん

アメリカの便器市場の規模は年間1千万個です。日本では、一般に便器は水工店や住設機器店を通して売られますが、アメリカではホームセンターなどで自ら買って日曜大工で取り付ける人たちが多いのが特徴で、これが市場の約半数を占めます。


アメリカでは水不足に悩む地域が多いため、便器にも厳しい節水基準があります。いま、連邦レベルで適用されるエネルギーアクト法は、トイレを1回流すのに使って良い水量を6リットルと定めています。このほか、州ごとに独自の条例などで厳しい基準があります。水が豊富にある北部の五大湖周辺(イリノイ州やミシガン州)は比較的、無頓着ですが、干ばつに悩むカリフォルニアやテキサスの規制は1洗浄で4.8リットルです。


いまTOTOでは最新の節水型トイレで3.8リットル洗浄を実現しましたが、我々が実現してきた節水技術の進歩は、アメリカ市場に牽引されたといえます。実際TOTOの節水便器は6リットル、4.8リットル、3.8リットルと発売してきて、プロユーザー(水工店や設備機器店)から高い評価を得ています。TOTOはこれから人口が増え続ける有望なアメリカ市場で、節水競争で技術が認められ、優位に立つ事で、節水に貢献しながら他社との差別化を武器にビジネスを拡大させていきたい。シェア1位のコーラー(米)をはじめ、欧州メーカーも参入してきており、現地での競争はきわめて激しくなっています。


一般の人たちにも増して、ビルやホテルのオーナーといった人たちは自分たちの利益に跳ね返ってくるので、便器の洗浄量にとても敏感です。かつて日本のあるホテルを米国のファンドが買収した際、レセプションの近くにあるトイレの便器を洗浄水量8リットルのものから4.8リットルのものに代えました。これだけで年間2千万円の水道代が節約できたそうです。日本の感覚では、ここまで考えることは少ないですよね。


米国市場のシェア争いにおける現状はまだ満足できるレベルにはありませんが、洗浄水量ひとつとっても日本より高いレベルを求められ、技術改良にドライブがかかったことは事実。海外に出た意味は大きかったと思います。








この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示