RSS

世界は今日も踊っている!

セネガルのダンスの歴史/パムサに聞く






日本で人気のダンス・ボーカルユニット「EXILE」。そのメンバーの一人、USA(ウサ)が「世界最強」と驚いたのがセネガルのダンスだ。国立舞踊団のトップダンサー、パムサ(29)にセネガルのダンスの歴史を聞いた。(聞き手、宮崎勇作)




――西アフリカのダンスには太鼓が必須です。



photo:Miyazaki Yusaku

たとえばギニアでは木をくりぬいてつくった「ジェンベ」、セネガルでは木の臼に動物の皮を張った「サバール」と、各国で違った太鼓がある。


その太鼓が数え切れないほどたくさんのリズムを生み出す。セネガルでは、結婚式などの冠婚葬祭のリズム、料理のリズム、セネガル相撲のリズム、昔は開戦を知らせるリズムもあったし、中には夫婦げんかを仲裁するリズムもある。


こうした数々のリズムを、踊りとともに伝えてきたのは、「グリオ」と呼ばれる世襲の音楽家たちだ。昔は楽器を演奏することは、彼らしか許されていなかった。私の父はセネガル国立舞踊団結成時のダンサーだったが、父は近くに住んでいたグリオから踊りを習った。リズムや踊りは歴史を語り継いできた。




――現代ダンスと伝統的なダンスの違いはあるのか。…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示